記事一覧

asics競パンのアイデンティティ ヒップライン

カテゴリー:まじめな知識 競パンのサイドからヒップにかけてのラインにアイデンティティをみるという、理屈っぽい話シリーズ、asicsをとりあげておかないと、終われないだろう。asicsは、二大ブランドのarena、speedoが圧倒的なシェアを握る市場に食い込みたいと知恵を絞っているのかな。そんな立ち位置のasicsだからか、asicsから一貫したポリシーを感じない。そのときにウケそうな商品を投入するというイメージがある。そ...

続きを読む

トムスポーツ 別注arena 競パンにはありえないフロントライン

カテゴリー:まじめな知識 トムスポーツが今夏に売り出した別注arena、現物写真を見てびっくり。フロントが競パンにはありえないラインになっている。事前予約のときのイラストでは、ふつうのスポーツブランドの競パンと同じようなラインになっていたのに、現物写真を見ると、まるで違う。この記事を読むと、プールで別注arenaを見かけたとき、お仲間(競パンフェチ)だ!と、目利きになってしまうかも。 http://www.kyouei-miz...

続きを読む

arena競パンのアイデンティティ ヒップライン

カテゴリー:まじめな知識 競パンのサイドからヒップにかけてのラインにアイデンティティをみるという、理屈っぽい話シリーズの第二弾は、長く二大競泳水着ブランドのひとつとしてspeedo系と人気を二分するarena。speedoがサイドの布面積を少なくして、たぶん脚の動かしやすさを追求していて、その結果のシャープな外見であるのに対して、arenaは「ヒップを包んでブレを抑える」というポリシーだ。過去記事「ここまでするか!...

続きを読む

speedo競パンのアイデンティティ ヒップライン

カテゴリー:まじめな知識 競パンのサイドからヒップにかけてのラインにアイデンティティをみるという、理屈っぽい話。前回の記事でspeedoの競パンが東京体育館に並んでいることを紹介したけど、それがきっかけで電子カタログを眺めることになり、今のspeedo(新speedo)にも、旧speedoのアイデンティティが生きているのだなと気づいた。(ショートブーンに限る)何気なく眺めている他人の競パン姿だけど、その穿いている競パン、...

続きを読む

東京体育館の売店に競パンが並ぶようになった 復権の兆しか!?

カテゴリー:日常 東京体育館(東体)には結構なスペースの売店があるけど、すっかりマイナーな存在になった競パン、どうせ並んでいないだろう。そう思っていつも素通りだけど、気まぐれに男子水着コーナーに近寄ってみると、あれっ、競パンが並んでいる、ちょっとびっくり。1年くらい前からVタフ程度の水着なら並んでいることがあったけど、本格競パンが売られていることは一度もなかったので。東体の競パン事情まずは東体の競...

続きを読む

2017年夏の屋外プールの競パン事情

カテゴリー:日常 ローカルネタなのですが・・・管理人が夏になると通う生活圏の屋外プールの競パン事情。他人には関係なさそうだけど、まあ定点観測ということで。1年という短い間隔だけど、今夏はけっこう変化があった。若競パンの出現昨夏は残念なことに、25歳以下くらいの若競パン目撃はゼロだったけど、今夏は違った。脇幅4cmの今風ではいちばん細い仕様の競パンを穿いた二十歳前後が2名、脇広のレジャー用ビキニを穿い...

続きを読む

全国高校ウォーターボーイズ選手権2 京都府立山城高等学校

カテゴリー:アーカイブ 2004年に放送された「全国高校ウォーターボーイズ選手権」、翌年には第二回が放送された。ちょうど水泳シーンではスパッツ化が急速に進んで競パンは絶滅寸前な状況。そんな時期に競パンフェチの関心を集めたウォーターボーイズ。2005年に放送された「全国高校ウォーターボーイズ選手権2」の紹介。3校目は京都府立山城高等学校だ。競パンはarena STRUSH アップ画像がなくて判断しづらいけど、競パンは...

続きを読む

東京は変な夏・・・競パン焼けは期待外れ

カテゴリー:日常 今年の東京は変な夏だった。梅雨明け前の7月は上旬から猛暑が続いて、テレビの天気予報士も「今夏は酷暑になる」なんていうから期待していたのに、梅雨明け後はやたらと雨の多い日が続いた。期待したというのは、競パン焼けがくっきり焼き付くということ。結局そんな期待は裏切られて、8月が終わった時点で、管理人の場合は昨夏の7月終わりくらいの焼け具合に終わった。天候不順はブログの更新頻度にも影響...

続きを読む

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数