記事一覧

競パンコレクション 17 arena FAR-8517 BKGR

カテゴリー:競パンコレクション 「競パンコレクション」カテゴリーの記事は半年ぶり。珍しい競パンを紹介するのではなく、手持ちの競パンを粛々と、脈絡なく紹介していきます。あまり珍しい競パンは持っていません。管理人は競パンコレクターではなく、実用品として使って消費してしまうので、生ものといっていい競パンのこと、古いものは残りにくいのが当然でしょう。今回は2010年に御徒町で購入した、arenaのFAR-8517 BKGR...

続きを読む

ヤフオクの競パン35 「未使用新品」 競パンフェチ間には暗黙の了解が成立しているのかも

カテゴリー:ヤフオク ヤフオク関係の過去記事で、何度か新品偽装をあつかった。タグをうまく後づけしたような故意性を感じる出品はいやらしくて反感を覚えるが、一方で「タグは切り取ってありますが」とか、「タグはありませんが」未使用新品です、という理屈は通らないような出品には、もしかするとフェチの間では、暗黙の了解が成立しているのかな?と思えるようになってきて、愛おしく見えるようになってきた。一般人の常...

続きを読む

細い!これこそRIMICな今年のarena競パン SAR-7138

カテゴリー:日常 気づくのが遅かった。arenaが、極小競パン時代そのままのようなカッティングのRIMIC(リミック)を「トレーニング用水着」のカテゴリーで出してきていたとは・・・トレーニング用のカテゴリーというと、例によって練習用ボックスが並んでいるだけだろうという時期が長かったので、どんな水着が並んでいるのかチェックしなくなっていて、気づかなかった。最近の競パン、脇幅が広くなる傾向にある中で、極小競パ...

続きを読む

ファッションモデルにみる競パン向けハミ毛処理

カテゴリー:まじめな知識 競パンを穿くときの問題、アンダーヘアーのハミ毛問題についても、今回でいったん終了としよう。どのうよにするとよいか、それは美容外科で永久脱毛するのが一番だけど、ふつうはそこまで本格的にできないはずだから、現実的な方法で。ファッションモデルの股間から偶然管理人の手許にある、1988年のホットドッグ・プレスとやらの表紙を飾るモデルが、競パン風の水着を穿いている。注目したのはその...

続きを読む

中国向けのボックス風は競パンカットなのだけど

カテゴリー:日常 「スイマーの皆さん、練習用には競パンを穿きましょう」キャンペーンな記事、今回で最後です。中国speedoにも過去記事どおりで、ハーフスパッツかショートスパッツか、あるいは競パンという選択肢しかなく、日本でみんなが穿いているボックス水着が、基本的には存在しないようです。中国でも、スパッツが練習用として気に入らない人は、脇広だけど競パンにしろ、ということで、中途半端とも思えるボックスの...

続きを読む

沼プー、今夏は競パン監視員だったらしい

カテゴリー:日常 競パンフェチが集まる屋外プールのひとつとして首都圏では有名な沼影市民プール(沼プー)だけど、今夏は監視員がお揃いの競パンを穿いていたとのことだ。「水泳ヤンキース」と同じ競パン管理人の知人で、自身も他でプール監視員をやっており、沼プー近くに住む競パンフェチから、情報はもたらされた。 どこかでみたことがある競パンだよね。3年前の2014年夏に放送された、出演者が競パンを穿いていることで一...

続きを読む

練習用水着は海外では競パンが普通なのかもしれない

カテゴリー:まじめな知識 ここのところspeedoの水着を観察していたので、ついでに海外のspeedo社公式サイトを眺めていて、気づいた。いまプールで多くのスイマーが練習用に穿いているボックス水着、海外で売られているのを見かけない。なんとなく世界的に使われているのだと思い込んでいたけど、違うようだ。speedoの海外サイトを見ると、練習用水着はスパッツか競パンかの二択で、おなじみの股下3cm程度で、ぎりぎりまでロ...

続きを読む

競パンのことをなぜビキニと言いたがらないか

カテゴリー:まじめな知識 競パンの適切な呼び名、ずっと以前から「ビキニ」とはあまり言わなかった。メディアもスイマーも。なぜビキニというのを避けていたのかの考察。言葉として間違っているということもあるけど、「ビキニ」というとエロい連想をさせかねないので、結果的に「青少年の性的感情をいたずらに刺激してはいけない」と気を遣った結果のような気がする。(管理人個人の見解です)もともとビキニの意味は違うスパ...

続きを読む

競パンの新しい呼び名は「ブーン」になるかもしれない気配

カテゴリー:まじめな知識 競パンのことを「ブーン」と呼ぶようになるかもしれない気配を感じるようになった。競パンを穿いたリアルスイマーの姿を見たことがない、だいたい22歳以下の新世代スイマーだろう。ネットにそういう書き込みが見られ始めた。思い返せば競パンって、これだ!というような適切な呼び名が以前からなかった。もっとも一般的なのは「ブーメラン」だろうけど、水泳部の時は、なんとなく滑稽に扱うニュアン...

続きを読む

練習用水着の競パン化圧力あるもハミ毛問題が高いハードル 2

カテゴリー:まじめな知識 年々小さくなっていき、あとは股間をYにするしかなくなった練習用ボックス水着のその先にあるのは、ハミ毛問題だろうと予想している。競パン復権への最大の障害だ。いま水泳プールで主流のボックスは、小さいほどイケているかのような空気があるかのような、ないかのような、微妙な感じなのだが、実際はどうなのだろう。そんなボックス、speedoは小さくするやり形がうまいなと思った。微妙に股間をY...

続きを読む

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数