記事一覧

水泳部の罰ゲーム? ひとりだけ競パンで大会出場


カテゴリー:回想


管理人は社会人になった後、いろいろなしがらみで自治体が開催する水泳大会の競技役員を半ば強制的に引き受けさせられていた。自分も大会に出ていた時期もあったしね。

かなり水泳が盛んな自治体だったから、年3回くらいあったかな、ちょうどいまの時期にあちらこちらで開催されている市民水泳大会を、もうすこし大規模にした感じ。

どんな役を引き受けるかくらいは希望できるから、スタート台の横に、折りたたみイスに腰掛けている人をやる。当然。

楽そうだというのもあるけど、スタート前後の選手をガン見できる楽しみもあるという、不純な動機もあった。ただ10年くらい前の話だから、競パン率が急激に下がっていくのを見るのは悲しかったかな。特に高校水泳部の連中はスパッツ化が早かったような。


8人出場した種目の高校水泳部員が一人だけ競パン


地元の高校水泳部は校名入りの黒スパッツばかりの中、リレー種目でひとりだけ競パン、恥ずかしいかのように両手で股間をおさえながら招集所からスタート台へ歩いてくる。イメージとしては、こんな感じ。テキトーな合成だけど、競パン選手約には管理人の自撮り画像をはりつけてみた、自分が大会に出場するときは、こんな競パン穿いていたしね。


高校水泳部 試合 ひとりだけ競パン ほかはスパッツ



リレー種目で2つのコース同時出場だから、スパッツ7人に競パン1人の合計8人がスタート台に到着。明らかに不自然でしょ。

競パン穿かせる罰ゲーム?


どうしてひとりだけ恥ずかしそうに、あえて競パン穿いてきているのだろうかと現場で考えたけど、ひとつしか理由は浮かばなかった。これは罰ゲームだな、なんて。

水泳部のノリならありえる。前日の練習で、「ビリになった奴は明日のリレー、ブーメラン穿いて出場!!」とか言って競わせる。

その高校の水泳部、スパッツだけじゃなくて競パンも校名入りのお揃いを作っていたもんね。

たまたまスパッツを持ってくるのを忘れたから、なんてことはないはずだよ。個人種目ではその競パンの子もスパッツで出ていたから。


笑いをとりながら退場


競パン穿いていたのがひょうきんな感じの子で、退場するときは左手で股間を押さえ、右手で観客にピースサインしながらの退場。

その高校の関係者とみられる人たちを中心に、多いに笑いをとっていたよ。


他に理由は浮かばない


「どうしてひとりだけブーメランだったんだろうね?」(リアルでは競パンとブーメランとか言葉を使い分けないといけないから、ややこしい) なんて後で仲間に聞いたところで覚えているわけがないから、自分で想像してみるしかない。どうだったのだろう、真実は。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数