記事一覧

競パンイベント Surf(サーフ) ルポ



競パンフェチのイベントが開かれているので、一度だけ様子を見に行ったことがあるよ。
一昨日(7/23)のじゃなくて、もう4年も前だけど。以後はまったく行ったことがないので、まあ参考程度に。完全にクラブイベントで、アッー!なことは全然なかった。他の着衣フェチ系イベントでは、そんなことがあると聞いていたけど。

当時のパンフレットを持っているわけがないから、これは今年の。


surf 競パンイベント パンフレット



それほど多くないだろうロッカーがすぐに埋まってしまうと予想して、開始時刻直後に入場。
入り口でIDのチェック(免許証を見せた)の後、料金を払ってドアの向こうへ。
ほとんど全員が競パン一丁になっている。

やっぱりというか、沼プーへ行くと見かける人の何人かと顔を合わせる。特に親しくしている人はいないので、顔見知りでも挨拶程度。そもそも沼プーへだって、久しく誰かに誘われでもしない限り行く気がしないしね。自宅から40分程度と気軽に行ける範囲内のプールだけど。

年齢層は幅広かった。見た目で20代から60代くらいまで。遅い時間になるほど年齢が高い人が入ってくるようだったから、年齢高めで様子見したい人は、遅い時間に行く区の良いんじゃないかな。

クラブイベントだから大音量で音楽が流れていて、会話も聞きづらく大変なくらい。管理人はそういうのは苦手なので、3時間ばかり耐え抜いた後、しばらく他で時間をつぶして、終了時刻の1時間くらい前、たぶん早朝4時頃に再び入場、外出可です。

定期的にショータイム?があるけど、あまりエロい感じじゃない。世の中がいろいろとうるさい時代だからかな。

終了時刻の前に再入場したのは、参加者がアッー!なことになっていないか、期待を込めて確認するため。

結局そういうことを見かけることはできず、午後10時頃とくらべると参加者が半分くらいになっていて、会場に余裕ができているくらいの違いしかなかった。

他の着衣系イベント、たとえばノーパンスウェットなんてのがあるけど、夜が更けてくると会場が精子臭くなってくると聞いた。でも競パン系イベントでは、そういう話しは聞かない。競パン系イベントは、健全なのね。もしかすると地方で開催するときは違ったりして。

競パンイベントがノーパンスウェットのようにならない理由を事情通に聞いてみたところ、彼が言うには、「競パンフェチ同士はあまり萌えないんだよ」とのこと。

真実かどうかはわからないけど、納得できる意見ではありました。

もし競パンフェチな人が、競パンを穿いたスイマーに萌えるとしたら、その手の人はイベント参加者にはほとんどいないから、期待しない方が良い。やっとそれらしき人を見かけて話しを聞いてみたら、やっぱり普段泳いでいるという。

だからかな。イベントで見る競パン、どんどん現実離れしていっている感じがするのは。

今回のイベントのパンフレットを見ても、普通にプールで穿けそうなのは、かろうじて中央右に写っている黒とライトブルーの競パンだけな気がするな。

あくまでも管理人の推測だけど、競パンフェチな人で泳ぐ人も、ボックスがどんどん小さくなっていくうちにプールで普段穿きする人が増えて、それと反比例するように、競パンイベントのフェチなスイマー率が下がっていったということじゃないかな。もしそうだとすれば、様子も変わってきて当然。

とはいえ、競パンフェチが競パンを穿いて踊りまくる、そんなイベントもアリだ。12年も続いているのだから、それが何よりの証拠だ。

余計な話しだけど、管理人がのぞきに行った当時は石原都政下。石原都知事は新宿二丁目が大嫌いという噂で、彼が都知事になって以来、取り締まりがきつくなったらしい。真偽のほどはわかりません。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数