記事一覧

祝日もいました高校生競パン・・・というかビキニだけど



今週月曜の祝日、海の日に近所の屋外プールへ。いるじゃないか競パン高校生、目撃したのはひとりだけだけど。でも週末のプールで毎回見かけるということは、やっぱり競パンとかビキニパンツが復活傾向なんじゃないかな。流行は繰り返す。30年くらいで一回転するのかな、資料から読み取ると。

管理人が総力をあげて見つけた(ウソ)、80年代後半のファッション誌の、夏の水着特集のページから。


水着の種類 ファッション 競パン ビキニ



海の日の夕方の屋外プール、観覧スタンドに目をやると、高校生らしき4人組が。3人はサーフトランクスだけど、一人は競パンを穿いていた。競パンというより、リゾートビキニだけど、細かいことはいい。とにかくいまは、競パンを含めたビキニ型の水着をどんどん穿いてもらって、流行させてもらうのが最優先だ。

その高校生のリゾートビキニは、本体色が黄色で柄が控えめにプリントされているタイプ。
ちょうどこのファッション誌の記事の、3行目のいちばん右にそっくり。脇幅はこれよりも倍くらいあったけど。

近所の屋外プールだけじゃなくて、千駄ヶ谷な屋内長水路でも同じような現象が今年春頃からみられるわけだから、やはり10代にとっては、新しいファッションとして受け容れられてきているとみていいんじゃないかな。

ちなみにこのファッション誌は、競パンがブレイクして、若者は“猫も杓子も競パン”になるきっかけとなったソウルオリンピック直前の発行だから、その影響はまだ受けていないはずだよ。

それだからかもしれないね、競パンは一枚だけしか出ていないのは。
1行目のいちばん左に、speedo競パンが見える。説明を読むと、“アクアピオン”だって。なんだかこどもの頃に聞いたことがあるような名称。

その他の注目点として、サーフトランクスの丈が短いよね、一番下の行を除いて。

最近の膝上短パンとか、モモ出し男子の短パンを思い起こさせる。そういうのはここ2-3年の流行だから、やはりファッションの流行がぐるっと一回転して、ようやく競パンフェチ的に良い流れになっていると思いたいね。

その高校生4人組のひとりだって、まさかリゾートビキニしか持っていなくて、仕方がなく友達のサーフトランクスに合わせられなかった、なんてことはないはずだ。きっと他の奴とは違った格好をしたがる、目立ちたがり屋さんなんだろう。そういう子がファッションをリードしていくはずだ。


・・・松田丈志の白競パンを見たい!という人が多いみたいなので、いま探しています。なにせ当時のテレビ録画はビデオテープなもので、テープを見つけても、中身はDVDとかのように簡単には確認できないので、すぐにというわけにはいかないのです。いましばらくお待ちください。

過去記事:派手な高校生競パンが3人も 流行は繰り返す



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数