記事一覧

ビキニラインのレーザー永久脱毛2 ルポ 2



前回ルポの続き。
手持ちの中で、とりあえず一番細いかな?という競パンとしてハイドロCDが頭に浮かんだので、それをパンツ代わりみたいに穿いて美容外科へ。そして下半身競パン一丁の姿になって施術台に横たわり、準備ができたと伝える。

美容外科の施術室って、内装が豪華っぽいから、なんとなく風俗屋さんを連想する。そこでドアを閉めて密室になるわけだから、余計に怪しい気分に。

脱毛する部分のビキニラインにゼリーを塗るから、競パンが汚れないようにティッシュみたいな紙を、競パン下部の両脇に看護師が差し込む。たまたま管理人は全身が性感帯なので、そのようなことをされると感じてしまうし、差し込むときに竿に手が触れてしまうかも・・・なんて心配も。
(画像は再現写真です)


競パン ビキニライン レーザー永久脱毛 施術の様子


妙な連想をさせる部屋の雰囲気と、股間周辺を触れられる行為でエロい気分になりそう、ヤバいわけです。そう、おっきくなってしまうかも。

最初のビキニラインの施術でそれがわかり、反応しないように必死にこらえ、心身ともに疲弊した。
そこで二回目からは反応しにくいように、自宅で抜いて賢者モードにしてから(笑) 行くようにしたわけであります。

もうわかったと思うけど、男のビキニラインを断る美容外科がふつうにあるのは、勃起してしまうと困るからじゃないかな、なんて管理人なりに思った。本当にこれはヤバい、恥ずかしい。看護師が男だったら、もし勃起しても冗談を飛ばしてやり過ごせそうだけど、女性だとね。

フル勃起してしまったら、看護師が「ギャーッ」となったりして。まあプロなのだから、たとえそうなっても冷静でいられるのかもしれないだろうけど。でもかなり不愉快かもしれないね。医療機関に性的な感情を抱かせる場面を持ち込むというのは。

レーザー脱毛機って、スイッチをいれてから使えるようになるまで、少し待たなければならないみたいで、使用可能になるまでが気まずく、反応しかねない時間なんです。

実際に施術が始まるとレーザーの照射部分がそれなりに痛いので、エロい気分どころじゃなくなるわけだけど。

そんなことを繰り返すこと4回、それですっかりビキニラインの剛毛は無くなりました。ひと月に1回の通院だから、4ヶ月かけてね。意外に通う回数が少なくてすむのだなというのが、管理人の感想だった。もっと何度も行かなきゃならないのかと思った。そして、2-3年は生えてきていないか気にしていたけど、まったく生えてこないので、その後はビキニラインのことはすっかり忘れてしまっている状態だよ。

気になる費用、2回目以降は10,000円/回で、ビキニラインの脱毛に要した金額は合計42,000円。

実はこの費用は、ついでにギャランドゥを薄くした費用も初診時に含まれているから、実質は3万ちょっとくらいだと思う。ビキニラインの毛を気にしないで細い競パンを穿けるようになるのだから、高いと思わないけど、いかがでしょうか?

・・・こういう写真はスマホで撮ったほうが良さそうな気が。妙に肌がキレイに写るもんね、とカメラのせいにしてみる。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数