記事一覧

ビキニラインのレーザー永久脱毛1 基礎知識



前回記事“競パンを穿くときのむだ毛・ハミ毛対策” の続き。
ビキニラインをすっきりさせたいとか、むだ毛処理の手間をかたなくないとかの理由で管理人のようにレーザー永久脱毛を受ける決心(大げさ?) がついたら、まずは基礎知識をつけよう。
季節的に、ちとタイミングが悪いな、という部分があるけど、お許しを。

1.エステではなく医療機関(美容外科など) へ

レーザー永久脱毛は医療行為のため、医療機関にしか施術できず、エステではできない。それを知っていると、大手エステは実に巧妙な宣伝文句で集客しているのがわかるよ。

レーザーの出力が法律により規制されていることもあり、医療機関でないと、十分な効果が得られないというわけ。エステでレーザー脱毛をした経験はないけど、毛根を完全に破壊するまでには至らなくて、そのうちまた同じ部分から生えてくるのじゃないかな。

2.男性にも施術してもらえるかの確認を

レーザー永久脱毛をしている美容外科などでも、男性のビキニラインはお断りというケースは意外にある。美容外科などを訪れる前に、しっかり確認しよう。

男性のビキニラインを断る真の理由は知らないけど、管理人なりに想像はついている。これは体験してみて気づいたことなので、次回に紹介するよ。

3.できれば日焼けしていないときに

肌が白い方が、レーザーのエネルギーが毛根に集中しやすいので、脱毛を効率よくできる。そのため日焼けをしていない時期に行った方がいいよ。通う回数が少なくなるかもしれないので、費用低減効果もありそう。

4.脱毛する範囲を明確に

どの範囲を脱毛するのかはドクターに説明しなければならないので、事前に決めておくこと。
露出度の点で、どの競パンとかビキニパンツあたりまで穿きたいのかを考えれば、簡単に決められるでしょ。

管理人の場合は、競パンを穿くためにと説明したので、施術するときには競パン姿での施術だよ。ハイドロCDの青を穿いて。もちろん二丁目御用達みたいな美容外科ではなくて、ごく普通の美容外科(派手な宣伝をしている大手じゃないけど) だけどね。

競パンなりビキニパンツなりを穿いた状態でレーザーの照射を受けるのは、永久脱毛する範囲を明確にするためだけど、余計な部分も脱毛すれば費用もかさむことになるね。

5.レーザー照射時の痛みがあるので覚悟を

レーザーで毛根を焼いて破壊するようなイメージなので、無痛ではない。痛いことを覚悟してね。
ただ、ビキニラインの場合、痛みは耐えがたいほどではなく、歯を食いしばって耐えるなんてこともないので、それほど心配ナシ。ちなみにひげ脱毛の場合は、段違いの痛みがあるよ。

注:管理人が都下のおしゃれな街にある美容外科でレーザー永久脱毛したのは、かなり以前だから、レーザー脱毛の進歩があったりして、最新事情と違う部分はあるかもしれない。そのつもりで読んでください。

(続く)

関連記事:競パンを穿くときのむだ毛・ハミ毛対策


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数