記事一覧

平日昼間の屋外プールへ競パンで



昨日は時間が合ったので、いつもの自宅近くの屋外プールへ。実名をだしてもほんとうは構わないのだけど、いま競パンを穿いている人が少ないので特定されてしまう、一般のお客さんからなら全然かまわないけど、プールの監視員の人にはイヤだな、ってことで。


160708_屋外長水路 管理人 行きつけ


昨日のプールコンディションは、気温35.2℃、水温27.0℃。水温が低くて、相変わらず快適。自宅の屋外気温計は40℃をわずかに超えていたけどね。

ここのプール、ギリギリのところで競パン監視員が絶滅しない。去年競パンを穿いていた監視員の子(学生バイト風だからね)が今年もいたけど、ボックスに穿き変えてしまっている、残念。今年こそ競パン監視員は絶滅かな?

もしかすると、向こうもこっちが競パン穿いているあの人だと、記憶していたのかもしれない。
25mプールの横を通って50mプールへ向かう途中、その監視員の子、15mくらい離れていた場所に立っていたのに気付いてこっちを見て、「こんにちは~」と言ってくれたもんね。あいさつしてくれる子はよくいるけど、こんなに離れた距離から声をかけてもらったのは、500回以上利用している中でも、初体験。

管理人は天候と気温によっても、競パンの種類を選ぶことにしているよ。自宅の気温計が40℃を超えると、白競パンを穿いてしまったりするのだけど、まだ肌が白いから自粛、ハイドロCDのブルーにしてみた。さすがに2000年頃に買ったオリジナルなハイドロCDはロゴがダメになってしまったので、去年、フェチ向けショップから買っておいたハイドロCD。でも、トムさんから買ったんじゃないよ。

こんな感じ。自宅で鏡を利用しての自撮り、プールとかと違って照明が暗いから、画像品質がイマイチなのは仕方が無いね。かといって、先日の「競パンの穿き方、脱ぎ方」みたいに撮ろうとすると、準備が面倒だし。


160708_asics ハイドロCD AMA87T 着用画像



気合いを入れて撮らなかったから、競パンの脇を伸ばした感じで穿いてしまったみたい。本当は3cm以下しかないから、もっと細い。Sサイズだしね。撮る前に、よくチェックしないとね、反省。

ハイドロCDは伸縮性がいいから、まったくの新品でもそれほど股間の部分が締め付けられなくていい感じ。これからしばらく穿くと少し生地がクタって、さらに穿き心地が良くなってくる。

競パンって生ものだからね。穿いているうちにだんだんカラダに馴染んでくる。競パンを穿いて泳ぐ人は、みんな知っていると思う。そうしているうちに、脚の周りが緩みすぎて、ハミ金するようになったら、お好きな人へ放出。


ところで平日昼間の競パン野郎状況、土日と違って泳げそうなのはゼロ。ガシガシ泳いでいる奴は、若手はボックス、おっさんはスパッツってのが平均的。

泳がない人(プールサイドで寝転がっているだけ)な競パンの人だったら、それなりいた。見た目40台後半以上、50代くらの人がいがいちばん多いかな、という状況。いつものことだけど。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数