記事一覧

子どもたちは競パンに興味津々 2010年頃編



今も昔も、こどもたちは競パンに興味津々。90年代終わりに冷やかされ、あれから10年以上を経た2010年頃に、またまた冷やかされた記憶が。こんどは視線が股間に集中なんて感じじゃなかったけどね。

近所の屋外長水路の更衣室で着替えていたら、ちょうど競パンを穿いた頃合いに、小学生3人連れがやってきて、すぐ横のロッカーを使い始めた。そしてこちらを見て、言いたい放題。

A: 「おっ、ブーメラン」
B: 「えー、やだよオレ」
C: 「セクシーじゃん」


3人のうち、2人は好意的に見てくれたんだと、都合良く解釈している。

どの競パンを穿いていたか、はっきり記憶していないけど、派手なのを穿いて、目立っていたのは確かだよ。
管理人としては、競パンはおろか、派手なのが流行っているわけでもないわけだしってことで、明るい色の競パンは、夏の屋外プール限定にしているから。ずっと以前からね。

このような蛍光色とか白とかの競パンって、いまの屋内プールの雰囲気では、明らかに浮きすぎじゃないかな、なんて思うから。


競パン 夏用 オレンジ


正確には2013年頃じゃないかなぁと思うけど、とうの昔に水泳の競技会では競パンは絶滅しているわけだし、まさか小学生に競パンを冷やかされるとは思っていなくて、またまた気の利いたリアクションが出来なかったのが残念。腰を突き出しながら、「ブーメランで悪いかぁぁ」なんて出来ればね。

この競パンはサイズがSで、少しデカパン気味なのが残念。mizuno時代のspeedoだったら、140サイズかSSを穿いているからね。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数