記事一覧

高校総体 最後の競パン 男子200m自由形



高校総体のテレビ中継を見た範囲内では、競パン選手がいた最後の大会は平成8年度(2006年度)のようだ。
そこで、高校総体最後の競パン選手たちを何回かに分けて紹介しようと思う。

今回は、200m自由形決勝。湘南工大附属の2人の選手、4コースと5コースが、ふたりともお揃いの競パンで出場。


高校総体 競パン 絶滅


高校総体 競パン 湘南工大附属


5コースは注目の選手だったのでカットが多いが、4コースは、スタート前の競パン姿のカットがない。
選手紹介のときはへそ下あたりから上しか撮られていなくて、競パンの部分はフレームアウトしているという、いつものパターン。なぜかスパッツだと映るのにね。

たまたま4コースの競パン選手は、試合終了後に競パン姿が映った。


高校総体 競パン 最後


試合の結果、湘南工大附属の5コースの選手は、隣の6コースのフルレングス野郎に抜かれ、僅差で2位。4コースは3位。1位は逃したけど、2位と3位が競パン選手とは、ご立派。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数