記事一覧

競パンの穿き方 腰の紐は結ばないのがお約束



競パンを穿くとき、腰の紐は結ばないのがお約束となっている、例外はないよ、多分。
体育の授業で穿くスクール水着などだと、なんとなく腰の紐を蝶結びにして下腹部に押し込むので、その流れで競パンでも蝶結びをしてしまいがちだけど。

紐は結ばず、脇へ回して押し込むのがお約束なので、泳いだりしているうちに紐が見えてくることがよくある。それなので、“泳ぐために”競パンを穿いている人はみなそうしているのが、写真ですぐにわかるだろう。
“泳ぐために”などと、あえて付け加えなければならいのは、なんともアレだ。競パンは目的外使用需要も多くてね。


競パンは脇が細いので、その密着度で紐が固定される感じだ。


競パン 紐 結ばない


水泳部とかに入れば、新入部員で初競パンだったりすると、先輩から指導されたりするものだったが・・・競パンが普通じゃなくなった今は、どうなんだろうね。

競パンの穿き方を指導するの図


競パンの穿き方指導 紐を結ばない


こんな光景が、競パンが廃れるまでは、あちらこちらの水泳部で見られたことだろう。

紐がフロントに出てくるような水着があるけど、こういうのは例外。そもそもこういう水着を競パンとは呼ばない、呼んで欲しくない。これはリゾートビキニだ。


競パンじゃくなくてリゾートビキニ


こういう水着って、イカニモ、ゲイゲイしいと感じるのは管理人だけかな?

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数