記事一覧

mizunoのオーダー競パンカタログ 1



カテゴリー:アーカイブ 

mizunoの競パンの型番とイラストを、回を分けて紹介していきます。

本当はspeedoブランドで出していた2008年以前のパンフレット類が残っているといいのだけど、当時はまだまだその手のものが溢れていて価値を感じず、残そうという気分にならなかった・・・なので残していない。

そんなことで、ちょうどspeedoとの提携を解消してmizunoブランドで競パンを出し始めた時期が中心です。


RQ-400 フュージョンカット


mizuno 競パン RQ-400 カタログ


RQ-400、フュージョンカットは、speedo時代から競パンの代表格だよね。
管理人は今も愛用中。生地がマイティラインに変わったけど、今も基本形は生きているよ。

RQ-400で作った愛用品の一着。


mizuno 競パン RQ-400 制作例


本体色は黒では無くてチャコールです。デバイスによっては黒っぽく見えるだろうけど。

これを見てもらうと、管理人のようにデザインセンスがない人間にとって、イラストと現物とをアタマの中でイメージする難しさをわかってもらえるのじゃないかな。そもそもこの競パンはパクリだし。

どこかの、多分ホモがネットにアップした画像を見て、イケてるじゃないかこの競パン!なんて思い、パクらせていただいて、オーダーしたといういきさつの一枚。


mizuno 競パン RQ-400 参考


競パンって、オーダーするときは平置き状態の2次元画像、穿いた時は3次元だ。慣れるまでは穿いた時にどんな感じになるかイメージしづらいのを、この2枚の比較でもわかってもらえるのじゃないかな。
それとも、そっち方面に才能が無い管理人だけ?


RQ-356 ブーメランカット



mizuno 競パン RQ-356 カタログ


これは競パンフェチの対象にはなない、きっと。
理由は簡単、脇幅を広めに仕上げるから。脇が2段になるので、おとなしい形に仕上がる。

かつて競泳水着には競パンしかなかった時代に、あまり細いのは・・・なんて抵抗感を抱いた人向けで、いまでいうフィットネス用みたいな位置づけだったろうね。

いまこの型をオーダーできるかは知らないけど、もし極小ボックス愛用している人が競パンに挑戦してみよう!なんて気分になったとき、こういう脇幅が広いのからスタートするのもアリだと思うな。


RQ935  Vパンツ


mizuno 競パン RQ-935 カタログ


RQ935は今の商品、マイティラインだよ。

この型でオーダーしたことは一度も無いから、よくわからない。
オーダーしない理由は明快。脇幅が広いだろうから。脇にステッチが入っているということは、きっと幅広に仕上がってくるはずと予測できるからね。

一度エスポートの責任者クラスに聞いてみたことがあるけど、脇幅の指定は受けられないんだって。
そういうことなら、リスクをとってまでオーダーしてみる必然性はないもんね。特別このデザインに魅力を感じるわけじゃないから。

良さそうなデザインなら、一枚お試しでオーダーしてみて穿いてみてを繰り返し、お気に入りの型番を見つけるという作業をするけどね。


・・・今回から新ブログのみの掲載です。2カ所にアップする手間が無くなって、ちょっと楽になったなー、なんて思いながら。kyopan.jpというドメインを維持していくには若干のカネがかかるけど、せっかくズバリなドメインをとれたのだから、続けないとね。.jpは割高なんです。


コメント

お気に入りの、白競パンがクタッてきたので、カラーオーダーで作ってもらおうと、エ○ポートミ○ノに行ったら、“9月でカラーオーダーは終了した”と言われました…
さらに、vパンツのオーダーは4枚からになりますとも言われ…ショック!!!
スイム担当の店員さんでなかったみたいなので、単なる間違いであって欲しいです。
今後は白競パンは買えなくなるのかな😰

実物のイメージ

カタログの写真と図でのイメージと、実物の印象はなかなか合わないですね。
サイドの細さは穿く人によっても違いますし。
既成モデルのカタログも、人が実際に穿いている写真は少ないですし。
ミズノで1着からオーダーできるのはキャンペーンの時だけですか?
スピードの頃は年に2回くらいキャンペーンがあった記憶があります。

Re: タイトルなし

> 梶谷3 さん

その情報は正しいですよ。ショックですよね。

Re: 実物のイメージ

> beach さん

イメージが合わないので、アドビのイラストレーターを使えるようになってからは、それでシミュレートしています。
二次元なので限界はありますが、かなりマシ。
mizunoは、オーダー競パン廃止、残念です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数