記事一覧

当ブログが2ちゃんねるで批判される ネット社会は怖いけど面白い



カテゴリー:日常 

ネット社会は怖いけど面白いね。
昨日2チャンネルで、間接的にだけど当ブログを批判するかのような書き込みがあり、びっくり。
でも想定内だ。逆に関心を集めていると前向きにとらえよう。

今日は競パンの話しは出てこないので、興味をひかれない人はスルーしてください。


書き込んだ側もなかなかの人物


「小山南はここでネタ探すのやめろよ」(書き込み番号116) だもんね。ブログ名を名指ししたわけじゃないやり方に感心する。小山南は、このブログには出てこないけど、実は無関係ではないんだ。どこで名寄せをしたのかに興味津々だ。書き込んだのが意外にもリアルに何度もあったことがある人物だったりして。


競パン研究 ブログ 2ちゃんねる 批判される


【紐は伸ばす】男の水着はビキニタイプ【25着目】
http://hayabusa6.2ch.net/test/read.cgi/swim/1478171528/

彼がネタと言っているのは、先日の4万円で落札されたハイドロSPのことかな。どのネタなのか具体的に示して欲しかったな。

ネットの世界は匿名なので、本音がわかる。それが誹謗中傷であっても、真摯に受け止めるよ。
まわりはみな大人だから、リアルに誹謗中傷などの本音はなかなか聞けないから、すべて貴重なご指摘でありご意見だ。

何を言われても、それが周りの見方なのだと冷静に受け止め、では自身はどうすべきなのかと前向きに考えるのが管理人のメンタリティであります。


怖さは感じるから神経は使っている


たとえば同好の士の掲示板へ書き込むとき、H/N(ハンドルネーム)を決めるけど、そのネットの掲示板にオフ会があり参加するときもH/Nで呼び合う。H/Nはタロウとかハナコとか、名前だけのような形態が多いけど、それ以外に管理人は芸名のように、実在するかのような姓+名をH/Nかのように複数使っている。

これもネット社会で、個人情報を守るひとつの手段だ。かなり神経を使っているんだよ。

たとえばWindowsをパソコンにインストールするときだって偽名というか実名風H/N、もしかしたらブログ作成に使っているps(アドビ・フォトショップ)やai(アドビ・イラストレーター)だって、H/Nインストールしたかもしれない。(覚えていないのでわからない)

Windows のようなOSだけでなくアプリケーションソフトだって、インストールしたときの名前がどこかに埋め込まれて、出力された画像や文書などに含まれ、コンピューター関係に詳しい人が読み出すかもしれないからね。

スマホで撮った写真をSNSにそのまま載せたから、住所がバレた芸能人の事件があったよね。そんなイメージ。あれはExifと言って、その事件以来すっかり有名になったのじゃないかな。そんなことはずーっと前から知っているから、スマホで撮った写真をそのままTwitterになんか載せられない!なんて管理人は思っていたよ。


怖さを知ったのはテレビ出演から

管理人はテレビに何度か出演したことがある。
数年前、あるドキュメンタリーに主役として出たときには、2ちゃんねる実況板にスレが立っていたことを後で知った。書き込みは900くらいあってびっくり。尺は17分くらいなのにね。

実況板スレのその書き込み、8割が批判で2割が賞賛くらいの割合かな。でも驚き、怒るのじゃなく、他人からどう見られているかの真実を知ることができて、逆に自分のためになると思った。

そういう経験から、誹謗中傷も肥やしになるという考え方になったわけ。批判されバカされるのに対して怒っているようでは、成長しない人間になってしまうと思ったし。

2ちゃんねるにとどまらず、放映部分を批判的説明つきでニコ動にアップした奴までいた。局からのクレームで放映部分は削除されたけど、批判説明はそのまま残っている。ちなみにこれは誰がやったか察しがついている。勤務先の同僚だね。個性の強さでやっぱり会社でも目立ってしまう管理人のこと、それを快く思わない奴はかならずいるってのが現実の社会だから。


目立てば叩かれるのはネットの世界もいっしょなのだろう


まさか、競パンのどうでもいいかのようなことを書くようなブログが、25,000pv/月くらいをコンスタントに集めるとは思っていなかったから、たまたま空いたドメインkyopan.jpなんてずばりなのを調子に乗って取得してしまったし、webに詳しい人によると、個人ブログでこのアクセス数だと大手のうちだよというし。

そのように調子がよさそうだとみれば、叩く人が現れるのは当然だ。ヤフオクだって、売りが好調だと必ず妨害する奴が現れる。それと同じようなものだろう。昔から言われる、「出る杭は打たれる」なんて構造なのかな。

***

2ちゃんねるの“男の水着はビキニタイプ”スレのあるときからのテンプレ(書き込みNo.1の部分)を書いたのは管理人だと、当ブログでこぼしたのも、すでにコピペされ晒されている。競パンフェチはいろいろなサイトを巡回しているのだなー、なんて感心した。

テンプレって、画像として貼り付けてある、「2006年に「男の水着はビキニタイプ」開設以来、スレを重ねること25回に及び・・・異論はごく少ないと信ずるものである。」の部分ね。

現在のスレのテンプレは誰かがコピペしてくれたものだけど、水泳板競パンスレには違和感のある文体で書いたテンプレを面白いと思ってくれたから、使い回ししてくれていると思うようにしている。だってこれ、法律書の文体を参考に書いたんだもん。法律書の文体とふざけた競パンスレ、このミスマッチが管理人なりのユーモアなのであります。


コメント

やっぱり競パンブログが好きです。

こんにちは。
私は読んでいて面白さより怖さを覚えましたね。
ネット社会、色々と気を付けないといけませんね。

ただ、気になったことが一つ。
今回の場合、名寄せは避けられなかったと思います。
(私は掲示板に書いた者ではありませんが)
このブログの内容と一致する事柄が多過ぎて…鈍感な私でも気づきましたから、他にも気づいている方は多いと思います。

Re: やっぱり競パンブログが好きです。

> たたん さん

怖いというのが普通の思いでしょうね。ただ私は、ヒットしたドラマ「半沢直樹」が現実になった様な環境で20代を過ごし、謀略戦になれきっているので、けっこうこの手の出来事を楽しんでしまうように人間改造されてしまっています。

名寄せ、実は織り込み済みでした。こうするとつながっちゃうだろうな、なんて思いながら他で書き込んでいたのです。
どうせならズバリ書いてしまおうかと思ったくらいで。でもそれだと集客目的と受け取られそうなので避けたという具合です。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数