記事一覧

競パンコレクション 12 arena ARN-2026 ストラッシュ ガンメタリック



カテゴリー:競パンコレクション 


競パンフェチ界で珍重されているX-FLATと型番がひとつ違うだけのARN-2026、arenaのストラッシュです。arenaはこのあとにnuxをリリースするので、ストラッシュ最終期の競パンのひとつでしょう。

旧speedo派だった管理人でも唯一ハマったarena競パンで、気に入りすぎて連日穿いてしまい、ある日に“これはいかん”と思い、競パンフェチ的スイム日誌をつくるきっかけとなった。個人的には名品だと思っております。


生地を変えれば2代目X-FLATと同じ外見?

生地が違うだけで、競パンフェチ界で異様な高値で取引されている、X-FLATと同じデザインだね。
型番も、X-FLATがARN-2025で、これが2026、ひとつしか違わない。


arena-競パン ARN-2026 フロントスタイル


色は濃いグレーのように見えるけど、ガンメタリック。arenaでの正式名称は知らない。
ガンメタなので、金属感のような独特の光沢を放っているよ。


arena-競パン ARN-2026 バックスタイル


arenaはこの後に、後に“初期nux”と呼ばれ、競パンフェチが取り合いをするような人気生地となるnuxをリリースしてストラッシュは徐々に消えていくので、ストラッシュとしてはほ最終期のモデルだろうね。


穿き心地最高、色と関係があるのかな

プールで数回穿いて適度にクタり、カラダに馴染んでくると、ストラッシュ効果でぴったりと股間やケツに張り付き、”締め付け感がたまんねえ” 状態。黒も持っていたけど、穿き心地が違う。もしかしたらガンメタという特殊な色が繊維の性質に影響を与えて、独特の感触を生み出していたのかも。

競パンフェチがスーツの下に競パンを穿いて仕事に行っているとかの話しを聞くことがある。そんな行動も理解できる穿き心地の良さ。管理人は日常的にプールで競パンを穿いているからだろうけど、わざわざパンツ代わりに競パンを穿きたくなる衝動はまったく起きないけど、この競パンの穿き心地からは、そんな競パンフェチの心情も理解できますな。


arena-競パン ARN-2026 着用画像


スイム日誌作成のきっかけになった

気に入りすぎて、出かける前の競パン選びのときに、連日この競パンを手にしてしまっていた。

同じ競パンを穿き続けると当然、短期間にクタッて穿けなくなるので、「これはいかん」と思い、スイム日誌をつけることにした。個人的な出来事なので記事の最後に持ってきました。


スイム日誌 競パンフェチ


これは2005年元旦からスタートして、現在も継続中。

日付、場所、泳いだ距離、そして穿いた競パンをecxelに記録していくだけのごく簡単な日誌。 “変態が出没”、“半ケツ競パン野郎に話しかけられた”などの特記事項は、場所のセルのコメントに随時記載(笑)。

オカマ水泳サークルの人へはいいけど、普通な水泳サークルの人とか、水泳部の同輩とかには見せられない日誌だね。何この日誌、おかしくない? とってしまうのは確実。ずらりと競パン写真が1行目に並んでいるのだから。

泳ぐために競パンを穿くのではなく、競パンを穿くために泳いでいるという、倒錯した管理人を示すファイルのひとつだね。

競パン的スイム日誌を見て、特定の競パンに偏らないようにローテーションできるし、穿く競パンを選ぶときに現物を見ないで、パソコンやスマホの画面で済ませる無精ができる。スイム日誌をつけている間に世の中は進化した。とうぜんこのファイルもクラウド上だから、今はどこにいても操作可能。

奇しくも3つ隣に過去記事「競パンコレクション 5 小池徹平モデル arena SAR-4111 VORG」、で紹介した小池徹平モデルが見える。日誌からは連続して穿いていることがわかる。この競パンに当時は何か思い入れがあったのかな。小池徹平は好きだし。


評価

どの競パンが穿き心地が一番良かったかともし聞かれたら、この競パン、ARN-2065を示す。
それくらい気に入っていた記憶が鮮明。いまだに穿き心地の面では、これを超える競パンには出会っていない。そのため、お気に入り度は満点だな。

独特の締め付け感が・・・と書いたけど、エロい意味での締め付け感ではないので念のため。カラダにぴったり張り付いて気持ちよく泳ぐことができるという、競パン本来の意味です。
締め付け感に興奮する性癖は管理人にはありません。


フェチ度     ★☆☆☆☆
お気に入り度  ★★★★★

*現在の感覚での判断です。


コメント

水泳のための競パンではなく、競パンのための水泳

僕も水泳のための競パンではなく、競パンのための水泳です。
同じように
・プール
・泳いだ距離
・その日の競パン
を2007年からExcelに逐一記録しています。仕事のあいまに月に30㎞泳ぐのがノルマです。
おかげでメタボ寸前だった体型も引き締まって、仕事場で「何でそんなに締まってんの?」ときかれますよ!

穿きやすい生地

縦に入ったラインの部分が薄くなっている競パン、よく覚えています。
穿きやすく、しっくりきた印象です。
ただ、生地の劣化が早かったのか、処分してしまい今では穿き心地を楽しめず残念です。

Re: 水泳のための競パンではなく、競パンのための水泳

> うどん さん

動機は不純でも、結果が良ければすべて良し、ですね。
世の中の多くの人がメタボなわけですし。

Re: 穿きやすい生地

> beach さん

細くなる部分がより早く劣化したのですかね。確かに耐久性は良くなかったように覚えています。
それでも、競パンは使い捨て感覚だったので、あまり気にしてはいませんでした。
当時はいまほど高価ではなかったですしね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数