記事一覧

競パン的プール利用ガイド 大蔵プール(世田谷総合運動場温水プール)



カテゴリー:まじめな知識 

競パン的プール利用ガイド、今回は大蔵プール(世田谷総合運動場温水プール)を紹介。
せっかくの屋内長水路でジャグジーつきの立派なプールなのに、駅から少々遠いということで、地元民以外あまり利用していなさそうな、ちょっと残念なプール。週末なら地元民以外も来る様子。

プールは地下2階にあって、屋外の地上からもガラス越しに内部を見られるから、まず外から混み具合など、気になることをチェックしてみてもいいね。

中を覗くなら、近隣の団地側から館内に入ってすぐ左側がガラス張りなので、そこからのほうがよく見える。カウンターはそのずっと先だから、スタッフの目も気にならないし、そもそもプールを向いてベンチが設置されているから、気楽にプールの様子を覗けます。


最大の特徴は正月三が日から利用できること

ふつうプールって正月三が日か仕事始めの4日は利用できないのがふつうだけど、ここは元旦から営業している。

なので、東京で初泳ぎを三が日にしたい人には、唯一の選択肢になる。
その特徴で、このプールの知名度が上がっているようにも感じられるよ、ネットの世界ではね。

ちなみに管理人は、“正月三が日くらいはプール休んでもいいんじゃ”という考えだから、三が日に行ったことはないけど、来年に気が向いたら、偵察に行ってくるかな。


競パン率は極端に低い

ここのプールほど、競パン率が低いプールを管理人は知らない。惰性で穿いている人もほとんど見かけない。そのあたりが世田谷区民らしいというところか。

他のプールだと、競パン全盛期を過ごしたような世代の人が惰性で穿いていそうな雰囲気でいるのだけど、そこは住民の気位が高いといわれている世田谷区らしいということか、その手の人はたいていハーフスパッツを穿いている。

若手もハーフスパッツが多く、ショートボックスすら少ない。ただ土日になるとショートボックス率はぐっと上がる感じかな。エキスパートなスイマー率が上がるからね

今週のとある夕方に行ったけど、やっぱり競パンは管理人ひとりだけ。妙に監視員の視線を感じる。
細いハイドロCDを穿いていったから、よけいに目立っちゃったかな。

でも、長水路で連続1kmをクイックターンで泳いだということもあるから、“もしかして変態か?”なんて思われることはないと思っているよ。


利用してみよう


大蔵プール 世田谷 屋内長水路 平面図


入り口は二カ所、赤矢印で示した部分。券売機は入り口からまっすぐ進んで、中央あたりに大きな機械が置いてあるから、すぐにわかると思う。こんな大きな券売機はほかでは見ないな、という印象。

利用料金は大人2時間480円だけど、1時間240円という設定もある。サクッと泳いですぐに帰る人には、ありがたいと思うよ。

券を買ったら、券売機のすぐ横の階段を降りて地下へ。駅の自動改札のような機械に券を入れて入場。
世田谷区まで下れば郊外感いっぱいなのだけど、しっかり機械でチェックなのが、23区であることを思い知らせてくれる。利用時間を超えるとしっかり超過料金を徴収される仕組み。

改札を通過すると正面すぐが更衣室で、靴を脱いで入る。
ここの更衣室は広いけど小さい区画に分かれているから、ケツ割れとかリオバックとかのエロいパンツを穿いている人も、安心して着替えられるよ。特別混雑していなければ、人がいない区画のロッカーを使えば良いからね。

着替えて、更衣室を奥へ進んで左側がプール入り口、正面がウォータークーラー、右側がパウダースペースとなっている。

泳いだ後はプールサイドのシャワーか、パウダースペースのシャワーブースでカラダを洗う。
ここほど立派なシャワーブースは他のプールでは見たことがない。なんといっても、前室つきだもんね。シャンプーなど利用可。 シャンプー、石けんなど利用不可、中途半端な張り紙がある。シャワーブースの中に。

なぜかシャワーブースを使う人は少ない様子。
利用時間が1時間か2時間なので、せっかく立派なシャワーブースが用意されていても、ゆっくり使っている時間余裕がない!てことかな。

ドライヤーは固定式が8基備えられていて、あまり待たされることがない。この部分は代々木体育館プール(団体利用のみ)とつくりが似ている。


ジャグジーあり


50mプールと25mプールの間に、円形のジャグジーがある。
男二人で行って怪しいことしちゃダメだよ、なんて感じ。水面下は見えないし、監視員からも遠いからね。採暖室も同じく。

50mプールの水温は29℃設定で、東京体育館の長水路と同じ。あまり泳がない人には少々低めなので、ジャグジーはありがたいのじゃないかな。体感温度、40℃くらい。


だいたいこんな感じで、気軽に利用できる雰囲気のプール。なんだかんだ言っても環八の外側だから都会感が少なくて、都下住まいの管理人にとっては、東京体育館などの都心部のプールよりも気楽な気がする。自宅からのドア・トゥー・ドアの所要時間も、東京体育館と5分しか違わないからね。(35分)


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数