記事一覧

今後は極端な半ケツ穿きや極小競パンは廃れていくかも


カテゴリー:ゲイシーン 

競パンフェチ同志の自撮りが以前と変わらず盛んにSNSに投稿されているけど、最近ある傾向に気づいた。
競パンフェチ界の次を担う二十歳前後とみられる人の自撮り競パン、ケツの割れ目をみせる半ケツ穿きや、極端なサイズダウンはごく少数になり、割れ目はまったく見せない、サイズは適正(サイズダウンに慣れた目には大きめ)というのが多くなった気がする。

では、そのうち先輩競パンフェチを見習って、それまで定番だったケツを大胆に見せる穿き方や、脇は極細でフロントは陰毛が見えそうな極小競パンを穿くようになるかというと、逆にそうならないと管理人は予想する。過去から繰り返されてきた世代間の断絶が勝るのじゃないかと思うからだ。


競パンフェチ 適度なサイズ感の競パン


若競パンフェチの環境は新たな局面?

競パンが競泳の表舞台から姿を消したのが2006年頃だから、進学に就職にと広い世間にデビューしてくる18歳の子だと、7歳位の頃の出来事だ。トップクラスのアスリートの競パン姿をテレビなどで見た覚えがないはずだ。

一方、そんな競パンスイマーの姿をリアル見た記憶がある最後の世代でも、アラサーになりかけている。
競パンフェチは極端に若専だ*。一般世間では三十路を迎えるくらいからおっさんと言われるようになるけど、競パンフェチ界はもう少し早く、アラサーにさしかかったくらいでおっさん扱いされかねない状況だろう。そして、おっさんのすることを嫌う。

憧憬の対象になり、お手本になるトップクラスの競パンスイマーをリアル見たことがない世代が台頭してくるという、競パンフェチ界は新たな局面にさしかかっていると管理人は見る。


新人競パンフェチは先輩を見習わないのではないか


若い子はいつの時代も年上世代を「おっさん、おっさん」と嘲笑のニュアンスを込めて呼ぶことも多く、そのすることはダサい、キモいと避けるのもまた共通の行動じゃないかな。

その筋からすると、SNS、競パンイベント、夏の競パンフェチ御用達屋外プールで先輩競パンフェチのスタイルをみかけて共感するのではなく、反対の方向へ行くのが自然だと思うのだ。

さらに、お手本になるリアル・アスリートの競パンは今、極小じゃない。

18歳から23歳くらいの新人競パンフェチがリアル・アスリートの競パンを目にするのは、水球か高飛び込みだ。これらの選手の競パンはケツの割れ目が見えるほど極小という例はあまりないし、脇幅も広めなのは、みなさんよくご存じの通り。

そのように考えると、今後極端な極小競パンは競パンフェチ界ですら廃れていくのじゃないかと予想する。大胆に腰パンしてケツの割れ目を半分見せているとか、股間がギリギリ隠れるようなサイズダウンは、口の悪い子からは、「婆釜のすること」なんて言われる状況が迫っているかもしれない。


感覚は変わっていく

管理人的には、すでにそのような状況を見越して、あまり脇の細い競パンは夏の屋外プールとかSGB(参宮橋)に行くとき以外は自粛(スポーツブランドの競パンなのだからおかしな話しだけど)している。

そのようにしてプールに行き、普通っぽい競パン穿いている人をみかけたとき、ここ1-2年は脇幅が広めも悪くないなというように映るようになってきた。一方、半年くらい前に東京体育館で脇幅が2cmくらいの極細黒競パンをみかけたときには、特に体型が崩れているわけじゃなかったけど思わず、正直に言うと「キモッ」と思ってしまった。

過去記事、「ライフガードの本場オーストラリアでは極小競パンを穿いているとホモと思われる」で日体大のライフセーバーが、「しばらくするとダホダボのパンツの方がかっこよく思えてきたんです」という心境、実体験としてある程度理解できるのだ。競パンはサイズダウンで全体は小さく、脇幅は狭いのが絶対的な正義と長く信じていた管理人でも、微妙に揺らいでいる。


競パンフェチ 半ケツはキモい?



時が経つのは早い

東京体育館のように、普段よく競パンを穿く人も自粛?してボックスに逃げるようなプールでも、更衣室や浴室で目撃すればパンツを脱ぐから素性はバレる。ケツが半分焼けている競パン焼けを晒すことになる。

そんなシーンで目撃する半ケツ焼けの人や、水泳仲間でその手の人、ここのところ20代前半から中頃の若い世代は皆無だ。まったく見かけない

そういう日常からも、いままで競パンフェチ的に正義だった極小半ケツに新人競パンフェチは追従しないと予想するけど、どうでしょう。


* あくまでも個人の見解です


■ 「半ケツ穿きが何だかわからない!」という人はこちら
競パン的プール利用ガイド 東京体育館 3 ケツだしはダメ



コメント

半ケツ見かけない

そうですね。極小どころか、半ケツもネット上でも見かけません。
Vタフが出た時、競パン復権と喜びましたが、半ケツで穿くようなデザインではないですね。

同感です。

こんにちは。私は20代後半ですが、半ケツ穿き、極小競パン、競パン日焼け跡の良さが分かりません。露出度が大きすぎると引いてしまうんですよね。日焼けに魅力を感じないのは競パンフェチに限らず、若者全般に言えそうですが。
一部の学校では文化祭でウォーターボーイズをまだやっていますよね。彼らが穿いているサイズ感が健康的だけど少しエロも感じさせてくれて「ちょうどいい」と思います。

No title

やはり時代とともに感覚も変わっていくんでしょうね〜。ちょっと残念ではあるけれど。(^^ゞ
この間久し振りに東体へ泳ぎに行ったら、ボックスでもハンケツ気味に穿いている人がスタップに注意されていました。

そうなんですか⁉

今は半ケツ競パンは難しい時代なんですね~残念です!あれがエロくって最高なのに💧
昔 東体に行った時が懐かしいです!
男性は全員競パンだらけで監視員も極少競パンで、一番驚いたのはギリギリまで下げていたのでちん毛がはみ出していた事です❕

Re: 半ケツ見かけない

> beachさん

Vタフは半ケツで穿くようなデザインではないですが、かなりローライズなつくりだそうで、自然にケツが少し出るらしいですよ。持っていないので知人からの情報です。

Re: 同感です。

> たたん さん
こんにちは。自分はずっと「ケツを出さない派」なので、その感覚はよくわかります。
競パン焼けは避けられないので、プールの更衣室などで若い人からは「キモい」と見られても仕方が無いという意識でいますよ。
学校のウォーターボーイズはいいですよね。一時期スパッツで演技することが多くなりましたが、ほどなくウォーターボーイズは競パンのほうがいい、という感覚が一般に広まってきているようで。

Re: No title

> keytaさん

自らの感覚が変わってきていることに、少々驚いています。
東体は利用要領に、半ケツを注意する根拠になり得る具体的な記載があるので、ボックスでも半ケツを取り締まりしやすいはずです。

Re: そうなんですか⁉

> モッコリーナさん
競パンだらけだった時代が確かにあったのですよね。そんなに昔のことではなくて。
うちの近所のプールですら、監視員がspeedoの黄色の単色競パンで揃えていた時期があったなど、いまでは想像できません。監視員のハミ毛も覚えていますよ。

No title

競パンの話とちょっと違うかもしれませんが、最近街中でもグレーのぴっちりしたスウェットをはいてる高校生よく見かけます。モッコリくっきりさせて彼女と並んで歩いてるの見ると、よくやるなと思いますが、本人たちは恥ずかしいなんて意識なくてかっこいいと思ってるんでしょうね。
自分らは水泳部現役の頃は極小競パンで女子の前に出ても恥ずかしいなんて思ったことはありませんでしたが、逆に服着てデートする時にモッコリが強調されるような格好はとてもできませんでした。
コンマ1秒レベルでスパッツや全身水着の方がいい成績出せるというのはあると思いますが、自分としては極小競パンが一番泳ぎやすいと思ってます。
恥ずかしいとかかっこいいとかの意識は時代によって変わるものだと思うので、今の若いスイマーも
一度極小競パンで泳ぐ機会があれば、また極小が主流になる日が来てもおかしくないと思います。



Re: No title

> 名無しさん
極小とまではいかなくても、小さめで股の部分がYになっているほうが泳ぎやすいというのが事実で、だからこそVタフが登場したり、Vタフ類似の練習用水着を穿くスイマーを見かけるようになったのだと思います。
極小は性能面での理由付けを失ったので、流行るとしても練習用限定で、ファッション的にということになるのではないでしょうか。

別の記事でもあった競パンをはいている人が泳げると安心する。
単なるフェチではなく泳げる人がはくもの、にわかには穿いてほしくない、という意味でしょうか。
競パンは(ゲイポルノとかではなく)本当に泳げる人に穿いてほしい、泳げる人が穿くからこそかっこいい、というのがあるのでしょうね。
女性用のハイカットしかり、本当に泳げる人があまり穿いてくれない、あるいは多くの人が見るところで穿いてくれない、というのが気になるというか残念な気がします。

Re: タイトルなし

> xessさん

自分では、誰にでも競パンを気軽に穿いて欲しいと思っていますが、残念ながら一般世間の人は競パン穿いているのに泳ぎがアレだと、変態じゃないかと思うような風潮があるという意味です。

それならそれで泳げる人、つまり公式の試合などでもっと使ってくれればいいのに、というか、本当に泳げる人が穿くのを見る機会が少ないのが残念というか…

Re: タイトルなし

> xess さん
それは選手の選択に任されていますからね。競パンでもfina承認マークがついた製品は多数存在するわけですから。
トップスイマーが試合で穿いてくれればとは思いますよ。特に1,500mのように距離が長い種目ではアドバンテージがあるきがするのてですが。

No title

距離が長いという点でもそうですが、
長時間の着用には向かないというのがスパッツ型の難点です。
実際の試合では長時間になることはないので、実際の試合におけるスパッツタイプの問題点を考えないといけない、というかそれでなにか問題が起これば水着の型が見直される気がします。

Re: No title

> xess さん

スパッツ型にも欠点はあるわけですが、一度主流になると簡単には変わらないと思います。問題があるといっても、甚大ではないですから。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数