記事一覧

競パンのサイズ感 バックスタイル 旧speedo



カテゴリー:まじめな知識 



競パンのサイズ選び、慣れていないってことで悩みどころな人もいるでしょう。
ということで、Sサイズから140サイズまで旧スピードのサイズ感をお届けします。今回はバックスタイル編で、競パンは同一です。

今回は自撮りではなく、20代前半の子にモデルになってもらいました。サッカーをやっていた子だし、いまもよく歩く生活のため下半身が発達していて、ケツの筋肉が発達しています。そのあたりが普通の体型と違うので、差し引きしてみてください。身長は日本人平均とほぼ同じです。


Sサイズ


競パン サイズ比較 S speedo バックスタイル


スイマー的にも競パンフェチ的にもジャストサイズ。といっても、1サイズダウンが普通という前提なので、サイズ表的にジャストなのはMサイズになる。

この白競パンは、透けない白生地を使った正統的な型番。透けない白は他の生地より伸縮性が悪いので、サイズとしてはジャストでもケツが大きめだと、ケツ肉がはみ出しやすくなる。

比較として並べるなら同じ生地の3サイズを用意するのが理想だけど、素人なのでそれは無理。


SS(XS)サイズ

ワンサイズダウンのSSだ。商品によりXSと書いてあることもあるけど同じ。



競パン サイズ比較 SS speedo バックスタイル


Sサイズと比べてみて、見た目はあまり変わらないなという印象。普通の競パンなので、伸縮性の良し悪しが影響しているはず。最近の競パンと違って伸縮性が良かった時期の競パンなので、小さめでもこのようにうまくケツなどを包んでくれた。

品質タグが透けている様子から、生地の薄さがみてとれるでしょ。

前回記事でこの競パンをフュージョンカットと書いたけど、正しくはキネシスカットだったね。キネシスカットは、生地面積最小をうたっていたカット。


140サイズ

2サイズダウンして、ジュニア140サイズだ。


競パン サイズ比較 140 speedo バックスタイル


この写真の通り、平均的な体格だと140サイズまでは普通に穿けるのがわかると思う。生地の伸縮性がそうさせる。よく伸びるので、一般人に不快感を与えるような露出度にもならない。

あわてて穿くとこうなる、みたいな悪い例をはからずも示すことになってしまった。競パンとケツのセンターがズレてしまっているけど、撮るときには気づかなかった。サイズが140と小さいので穿くのが少々大変で、ズレやすい。位置決めはしっかりしないと、カッコ悪いことになる。


バックスタイルは、見た目はあまり変わらない印象だけど、穿いている感触はかなり違う。サイズが小さいほどスカスカ感があって、いかにも小さいと思える。これが良いかどうかは意見が分かれる部分で、小さい方が、開放感があってとか、露出が好きとかで良いと思う人もいれば、大きめで包まれ感が安心感につながって良いと思う人もいる。

その他、3例ともバックをあげ気味に穿いていて、フロントより高くなり、横から見て水平になっていない。ケツの割れ目が長めで、割れ目を隠そうとするとそんな感じになる。水平にしようとすると、ケツの割れ目が5cmくらい露出することになる。

ケツの割れ目を極度に露出する穿き方に、いよいよ世間の目が厳しくなった今、この子の場合は小さいのを穿くとしても、SSまでにしておいた方が無難かもしれないね。ちなみに本人は競パンフェチではないし、水泳もやっていないので、競パンをプールで穿くことはまずないでしょう。


コメント

よく見ると

真ん中の写真のだけでなく下のものも品質タグが透けていますね。
赤でこんなに透けるとは・・・(°°)
やっぱり2サイズダウンさせたことで生地がかなり引っ張られている状態だからなのでしょうか?

Re: よく見ると

> ban さん
赤のような淡色だけでなく、ネイビーのような濃色だってタグが透けて見えました。赤外線撮影防止なんだかんだとうるさくなる以前は、それくらい生地は薄かったわけです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数