記事一覧

全国高校ウォーターボーイズ選手権2 京都府立山城高等学校



カテゴリー:アーカイブ 


2004年に放送された「全国高校ウォーターボーイズ選手権」、翌年には第二回が放送された。ちょうど水泳シーンではスパッツ化が急速に進んで競パンは絶滅寸前な状況。そんな時期に競パンフェチの関心を集めたウォーターボーイズ。

2005年に放送された「全国高校ウォーターボーイズ選手権2」の紹介。3校目は京都府立山城高等学校だ。


競パンはarena STRUSH


全国高校ウォーターボーイズ選手権2 京都府立山城高等学校 競パン arena ストラッシュ


アップ画像がなくて判断しづらいけど、競パンはarenaのSTRUSH(ストラッシュ)だろう。カラダにフィットさせるための縦縞をつくる織り方が特徴の生地で、ある程度使い込んでからのフィット感には独特の魅力があった。arena派じゃない管理人もSTRUSHは穿き心地が気に入ったため愛用していて、同品同色も持っていたから、懐かしい。

2000年代前半には、どういうわけか白とか蛍光の淡色系競パンをarenaはSTRUSHで積極的にリリースしていた。そこはスポーツブランドの商品、透け防止のために厚みが増して穿き心地は犠牲になっていたけど、彼らが穿いているのは透け防止素材ではなく、レギュラーな厚みの生地。深い赤なら透けの問題はないということだろう。

逆に考えれば、透け防止素材は穿き心地が犠牲になるので、STRUSHで緩和しようという作戦だったのかもしれない。


陸ダンスは短め

山城高等学校も陸ダンスは短めで、水中での演技に時間を割いている。申し訳程度の陸ダンスかな。


全国高校ウォーターボーイズ選手権2 京都府立山城高等学校 陸ダンス


水中の演技は見事

テレビドラマ「ウォーターボーイズ」を思い出すような、見事な演技を披露していた。素人目にも、高得点を予想させる。

この選手権、参加規定は1チーム10人から14人だそうで、山城高等学校は希望者が多く、顧問の先生に選抜してもらったメンバーで構成しているそうだ。立派な演技につながったような逸話だね。


全国高校ウォーターボーイズ選手権2 京都府立山城高等学校 水上演技


全国高校ウォーターボーイズ選手権2 京都府立山城高等学校 クライマックス


高得点を獲得

得点は87.2ポイントで、暫定1位となりました。


全国高校ウォーターボーイズ選手権2 京都府立山城高等学校 赤競パン 採点待ち


普段の練習は競パンだった?

この選手権は2005年で、競泳シーンはスパッツ一色になっていた時期。そんな時期に、山城高等学校の練習風景を見ると、みな競パンを穿いて他校と違うのが印象に残った。お揃いのデザインのようだから、スパッツと競パンを併用していたのかな。

管理人の生活圏の高校水泳部でも、当時校名入りのスパッツと競パン両方を用意していて、地区の水泳大会では、若干数は競パンで出ていた。その頃管理人は競技役員を頼まれるとやっていたので、競パンのバックに存在を主張する校名プリントの光景をよく覚えている。(選手の姿を一番落ち着いて見られる、スタート台後ろに座る、あの役になるよう誘導するのは基本)


全国高校ウォーターボーイズ選手権2 京都府立山城高等学校 練習風景


動画はYouTubeで公開しています。

全国高校ウォーターボーイズ選手権2京都府立山城高等学校


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数