記事一覧

練習用水着の競パン化圧力あるもハミ毛問題が高いハードル 1



カテゴリー:まじめな知識 



なんとなくスイム関係ネットショップのwebサイトを眺めていて、気づいた。speedoの練習用ボックスの、一部の商品の股関節部分が水平ではなく角度がついている。

いままでかたくななまでに股間の部分は水平にして、「箱形」を崩さなかったspeedoはじめ各ブランドだけど、やはり股関節の構造に合わせて、競パンのようにYにしたほうが合理的なんじゃないの?というところで、先鞭をつけたarenaのVタフなどは歓迎する流れだけど、その先にはYにするよりもっと高いハードル、ハミ毛問題がある。


speedoのトレインボックスにmizunoのスーパーショートに

練習用水着を競パン形に近づけた製品としてarenaのVタフがリリースされて久しい。その後に続いてと明確に伝わってくるほどじゃないけど、speedoの練習用ボックスの一部はお股の部分がYになっている。

ほんのわずかな角度だけど、水平かそうでないかは大きな違いだと思った。
写真はspeedoのSD85X02で、似たカットの商品の限定品が公式ネットショップで何種類か販売されている。


練習用水着 SD85X02 競パン化



いつ頃か忘れたけど、mizunoは「スーパーショート」と銘打って、Vタフの発売後に類似商品みたいな製品を出していることには、気づいていた。こちらのほうが、より競パンに近い形をしている。


練習用水着 N2MB706236 競パン化


年々小さくなっていったボックスだけど

競泳シーンはスパッツ一色になって、普段のプールでも一時スパッツだらけになったけど、その期間は意外に短かった。スパッツは普段の練習には使い勝手が悪い。着替えが面倒、太ももの締め付けがうっとうしい、運ぶのにかさばるなど。

そこで練習用には素直に競パンが復活すればよかったのだけど、そうはならなかった、残念。女子のハイレグが練習用に復活したのとは対照的。

当時の風潮は、最近「モモだし男子*」まで登場してきているのとは正反対で、男子が太ももすら晒すことに抵抗感を覚え、短パンは膝を覆う程度まで長くなっていた時代。細い競パンを見て、「げっ、際どい!こんなの穿けね~よ」と直感したことだろう。

さらに陰毛のハミ毛問題もある。いちどハミ毛を気にしなくていい気軽さを味わってしまったスイマーは、ハミ毛のことまで気にしなければならない競パンを選ぶはずがなく、中を取って股下長めの、当時のボックス練習用水着に飛びついたのだろう。

でも股関節はYになっているのだから、股下の長さは気になる。股下はどんどん短くなり、やがて「Yになっているほうが良いんじゃないの?」と漠然とした空気感が漂い始めているかもしれないところで、問題になるのはハミ毛問題だ。


ハミ毛問題のおさらい

競パンのハミ毛についてはブログ初期にもとりあげていので、おさらい。

股関節の下の部分にも剛毛が生えていて、競パンのお股の部分に毛がハミ出る問題。陰毛は斜めに生えているので、カミソリ負けしやすい。

人によりいろいろな生え方があるけど、次の3種類に分けられると思う。

1. 太ももの毛は薄いのに股関節の下の部分に剛毛が生えている
2. 太ももが毛深くて陰毛との境界がわからない
3. 股関節の下には陰毛が生えていない

管理人は1で、いちばんやっかいな部類だった。2の人は、スイマーではあまり見かけない。そもそも生えていない3の人は、陰毛をハサミなどで短くしておくだけでハミ毛を解消できるので、ラッキーだね。

ネットに転がっている競パン自撮りを見ると、1の例をよく見ることができる。競パンフェチの方々それぞれに、ハミ毛には困っているようで。


競パン ハミ毛 股間


競パン ハミ毛 股間 カミソリ負け


2枚目の、asics競パンの人などは、深ぞりした結果カミソリ負けしている。美容外科で永久脱毛する前の管理人もこうなったことがよくあって懐かしい症例?だ。


競パン ハミ毛処理 毛が斜めに生える



図のように陰毛は斜めに生えているのが普通のようで、深ぞりすると先端が皮膚を刺激しやすいし、剃った断面も太さ以上に見えるという理屈だ。

(続く)

関連記事:練習用水着の競パン化圧力あるもハミ毛問題が高いハードル 2


*モモだし男子
4年くらい前に、夏の街着としての短パンに膝上が露出するタイプが登場、当時は盛んにメデイアに「どうして短いのですか?」「恥ずかしくないのですか?」なんて具合の街中インタビューを交えて、紹介された。その後どんどん短くなり、昨夏あたりからは太ももが露出する程度まで短い短パンを穿く男子が現れた。さすがに街中で股下14cmクラスがいると目をひくが、このクラスになると若くてルックスに自信がそれなりにないと穿けないようで、見かけるのはイケメンばかり。もちろん、ファッション業界により作られた流行の匂いはする。

最近のラグビーショーツで股下6-8cm程度だから、股下14cmを街着にするのが、いかに着こなしが難しいか、理解できると思う。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数