プリントものVパンの良さがわかってきたけどバックもプリントしてくれ - 競パン研究
FC2ブログ

記事一覧

プリントものVパンの良さがわかってきたけどバックもプリントしてくれ



カテゴリー:アーカイブ 



Vパンのデザインというと、大きく分けるとRQ-632のように違う色の生地をつなぎ合わせた切り返しタイプと、プリントもの、そして単色ものの3種類があると思う。

ネットに落ちている全盛期の画像を見ると切り返しタイプが主流だったものの、2000年代に入ってから徐々にプリントものが増えてきた(穿いているスイマーというより売られている品番の豊富さ)のような印象を抱いている。スパッツに切り替わっていく時期だから、プリントものは安く作れそうだからか?なんて思っていたけど、そのあたりの真実はわからない。

長く切り返しタイプ絶対と思ってきたけど、ここ1,2年でプリントものの良さを認識、購入するようになった。そこで不満に思うのは、バックにもプリントが入っている品番が少ないこと。


全盛期から豊富に存在したプリントもの

1994年のカタログからひとつ紹介します。(旧speedo、mizunoが製作販売していた時期の商品)


Vパン ブーメラン speedo 83RR-40400



どことなく古くささもあるけど、なんとか今でもいけるかな、なんてデザインではないでしょうか。
バックにも派手にプリンが入っている。こういうデザインのVパンを欲しくても、久しく見かけないので買えないです。

幾何学模様のようなタイプは別です。あれだと前後同じプリントで済みそうで容易に作ることができるからか、そこそこありますね、現行speedoでよく見かけます。



プリントものは安物のイメージで避けていた

水泳部にいたころ、プリントものは安物のイメージで眼中になかったので、こういった古いプリントものへの記憶はまったくありません。(コスパ最優先だった部長はよく穿いていたような(笑))

同じく1994年モデル旧speedoの、フロントのみプリントです。


Vパン ブーメラン speedo 83RR-40200




後輩も安物だと言っていたから

Vパン派後輩(もう部長ほか多数はスパッツ)が、穿いていたVパンが古くなって買い換えたときに、それまでと違ってプリントもの、「プリントものじゃん、スイカみたいな模様だね」なんて言ったら、「最近は安っぽいのばっかですよ」なんて言った。管理人と心は同じか。

実際には、プリントもののほうが高かった。speedoでいえば、ここで紹介している中上級者向けVパンで、切り返しタイプは3,900円、プリントものは4,300円となっている。双方、フュージョンカットでアクアスペック、ウォータージェットつきという、見た目のデザイン以外は同一での比較だ。


販売数の違いだったのかもしれないね

プリントもののほうが売れず、固定費を回収しづらいから高かっただけかもしれないね。

プリントものは、デザイン料や版代という固定費がかかりそうだけど、製造する工数は少なくて済みそう。

切り返しは、デザインは比較的容易、製造は手間がかかりそう。いくつかの生地をつなぎ合わせていかなければならないから。


過去の理屈はとにかく、バックまでプリント模様が回り込んでいるVパンをどこか作ってください!



[追記]プリントものは、定価は高いけれどもデザインの好き嫌いが激しく出るからか売れ残る率も高く、最後は特価品になってずらりと並ぶわけです。コスパ最優先の部長が穿いていたというのは、その特価品専門という意味です。 2018.02.03



コメント

単色が良いですね。

自分はアシックスシリーズでお馴染みの単色が良いです。エンジ、ブルーのアシックスパンツを大学時代から20年間使っていますよ。何気なくもっこりが目立つのが良いですね。

Re: 単色が良いですね。

> そや さん
単色シリーズはアシックスが出し始めたような感じですしね。それまでは小さくても何かしらのプリントがあったり、黒一色とか、スクール水着以外では、意外になかたはずです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー、理工系
@Koyama_Minami

スポンサーリンク