ちっちゃい!140サイズのVパン - 競パン研究
FC2ブログ

記事一覧

ちっちゃい!140サイズのVパン



カテゴリー:まじめな知識 


このブログ、リアルにVパンだのブーメランパンツだのを穿いた競泳シーンを知らない24歳以下の人、全閲覧者の5%います。そんな次世代を担う人たちに、脇広めも今風でいけど、脇細めで小さいのもいいかも、みたいに思ってくれるよう願って、ボックスとのサイズ比較も交えながら、ジュニアサイズを見ていきたいと思います。

スポーツ庁の、あの鈴木大地長官だって現役時代はジュニアサイズを穿いていたわけですし。
「鍛えた体に小さな水着のかっこよさに、当時の若者はがつんとやられた気分になり、男のビキニパンツブームが来た」と書いたファッション誌?もあり、古本で読んだことがあります。

ところで、このところ盛んに記事を書いているのは、かぜ気味でプールをお休みしているからです。中身が薄いこともありましょうが、いちおうこれ、ブログなので・・・



小さいです140サイズ


管理人のジャストサイズは、メーカーサイズ表的にはたぶんSでしょう。身長は170cmくらいです。
Sサイズでも問題は無いのですが、古くなると緩んできて気になるので、ジュニアサイズ140まで2サイズダウンしておくと、寿命が延びます。


Vパン ブーメラン サイズ感 S


mizuno同士の比較、上が140サイズで下がSサイズです。

ジュニアサイズを穿くのは、「レースで有利にするため」という理由付けを失ったいま、2サイズダウンする理由は人それぞれでしょう。管理人としては、長持ちするという理由以外に、股ぐり部分がしっかり締め付けられ、シャキッとするという装着感を好んでいます。

その他の人では、細いパンツに見せたい、股間の締め付けが好き、半ケツにしてもずり落ちにくい、などがあると思います。


実際のサイズ

サイズは、S→SS(XS)→140→130という順で小さくなっていきます。130を試してみたことがありますが、さすがに穿くのはまったく無理でした。


Sサイズで、新品・平置きで幅は22cmです。


Vパン ブーメラン サイズ感 S mizuno



SSはいま新品が手元にないので飛ばして、140サイズで20cmです。


Vパン ブーメラン mizuno 85CF-10009



ボックスと比べると歴然


上記の写真では実感がわかないと思いますが、ボックス水着と比べてみれば、より伝わると思います。

140サイズVパンとSサイズボックスの比較


Vパン ブーメラン ボックス サイズ比較



「うげっ」と言われても良いから、こういう小さいVパンも穿いてみたら、なんて最近増えてきている若い世代のVパンスイマーに言ってあげたい気分。


ヤフオクでも有利な気が

Vパンが全盛期は、生地の伸縮性がすっと良かったので、多くの人がジュニアサイズを穿いて楽しめたと思うけど、今は違う。伸縮性が良くないので、許容範囲が狭くなった。そのため、腸骨(Vパンの腰紐がくる部分)の幅が狭くないと穿けない。

それだからかヤフオクで出物があったとき、140サイズだと躊躇する人がそれなりにいるようで、値が上がりにくくて落としやすい気がする。

実際、だいたい同じ体格の水泳仲間と腸骨部分の幅を比べたら、管理人より5cmくらい幅広。その他、Vタフ穿くとLサイズでもケツの割れ目が見えるというので、彼には140サイズは無理じゃないかと思います。

余計な話しなのですが、彼は体型が寸胴ということになります。それで不機嫌になってしまったのですが、「寸胴が好きな人もいるから」と、なだめておきました。


穿くと皮下脂肪が目立ってしまいます

それなりに締め付けが強くなるので肉に食い込む感じになり、皮下脂肪の厚さをあからさまにしてしまう弱点はありますね。

過去掲載自撮り画像からの切り取りだけど、いちばん皮下脂肪が目立つカットになってしまっていて、ヤバい、という感じ(バック上部)。これも同じくmizunoで、管理人自身がデザインしてオーダーした140サイズVパンです。これでもケツは出ていても1cmくらい、プール管理側にとっては問題にならないでしょう。


自撮り Vパン ブーメラン ミズノ 140サイズ


普通の友達がきたときに、新品タグつきだから気軽に、写真の140サイズの現物を見せました。水泳にはまったく関心がないけれども、Vパンのことは知っている奴です。「これ、ちっちゃいよー」連発で、おもしろかったです。

*FC2のブログランキングで、このようなブログが、スポーツ→その他のカテゴリーで17位( 5,988人中)、スポーツカテゴリー全体では、108位(24,476人中)まで来ました。その他カテで目指せ一桁、なんて思っています。水泳のカテゴリーはないので、その他にくくられてしまうんですね。



コメント

サイズについて

>Vパンが全盛期は、生地の伸縮性がすっと良かったので、多くの人がジュニアサイズを穿いて楽しめたと思うけど、今は違う。伸縮性が良くないので、許容範囲が狭くなった。

例えばasicsハイドロCDが濃色系でも人気あるのは、脇幅の細さの他に伸縮性の良さも一因でしょうしね。私事ですが思い切ってSサイズ(多分管理人さんにとっての140に相当)購入してみたところ、問題なく穿けましたので(^^)v(但し室内では抵抗あるので、夏場の屋外で使う予定)
その辺り今回記事のmizunoマイティラインも(前記のハイドロは別格として)今の競パンの中では生地が薄くて伸縮性もそれなりに良いほうだと思うのですが、昔を知っている管理人さん的には物足りない感じでしょうかね?確か過去記事で伸縮性については芳しくない評価だったような気が・・・。

>それなりに締め付けが強くなるので肉に食い込む感じになり、皮下脂肪の厚さをあからさまにしてしまう弱点はありますね。

そうそう、たとえ穿けたにせよ実際以上に太って見えてしまいみっともないのです(+o+) まぁ極小穿くならば体型の他にそもそも泳ぎも上手でないとならないでしょうけどね(^^;)

140って

微妙なサイズだと思います。
競パンが全盛期だった時と比較すると競パンの生地が違っていて、当時よりは極小感は有るのかな?と思います。
(特に当時を全く知らない今の水泳部員にとって)
競パンが全盛期の頃は学年やタイムが上がっていくのに従って段々とサイズが小さくなって行き、競うように極小競パン履いてました。
大会前のチームオーダーを思い返しても半分以上の部員はジュニアサイズで大体は120か130で人によっては110も居ました。
逆に140は中途半端というかほとんどいなかった?ような気がします。
自分もワンサイズずつサイズダウンしていきましたが140を着用していた時期は短く、120か130が通常履きでした。(140は泳いでると弛く感じ着用感がイマイチでしたね。)

Re: サイズについて

> ban さん
ハイドロCD人気はまさに伸縮性とか脇の狭さ、透け素材の色があるということでしょうけど、フェチ専門商品化しているような印象もあります。限られたショップでしか売っていないわけですから。

mizunoならマイティラインよりブルーオゥのほうが薄くて伸縮性がよく、そちらが好みでした。数年前に中止になってしまいましたが。ブルーオゥの頃のmizunoはカットもいっそうシャープで、ギリギリ覆う面積しかないつくりですよ。

水泳は皮下脂肪を除くには適していないので、ある程度は仕方が無いと思っています。

Re: 140って

>競パン全盛期の水泳部員 さん

全盛期のことはリアルにはあまり知らないのですが、生地がいくら伸縮性が良くても、腰の部分の縫製が伸びるようにできていないと、事実上穿けないことになりますから、そのあたりも今と違ったのですかね。

肌の露出が多い方が粋だというDNAがひっそりと日本人に組み込まれていると思うので、一度小ささ競争が始まると、行き着くところまで行くのが必然だったのでしょう。

はいはーい、今年成人式に行ってきたピチピチの大学生でーす。
私が小学生の頃、つまり今から10年ぐらい前はコーチは皆さん競パンだった覚えがあります。私が中学生になった辺りから、(たぶん2010年あたり)からスパッツ型が増え始め、高校生になったときにはゼロになってしまっていた気がします。

Re: タイトルなし

> 未熟者 さん
10年前というと、競パンはかなり少数派になっていたはずで、コーチはスクール指定とかで穿かされていたのかもしれませんね。水泳部でも競パン穿いていたのは自分と後輩一人の二名だけという状態でした。
残念でしたね、競パン率ゼロになってしまって。でもいま復活の兆しがありますから、それに期待。特に若い人は積極的に穿きましょう。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー、理工系
@Koyama_Minami

スポンサーリンク