記事一覧

ビルパン穿き 競パン全盛期の穿き方バリエーション


カテゴリー:まじめな知識

最近いただいたコメントから思い出した。競パン全盛期にあった穿き方、”ビルパン穿き”。
管理人が勝手に名付けただけだけど、ボディビルの競技で穿くビルパンのような穿き方をしている奴が、プールへ行くと一人は見かけたような記憶がある。

目立ちたいと思う人は、夏の屋外プールとかだったら、いまでも挑戦してみてもいいのではないかな。

ビルパンてのはホディビルダーが競技会で穿いている、細いビキニパンツ。ポージングパンツとか、ポージングトランクスが正式名称らしい。


ボディビル ビルパン ポージングパンツ ポージングトランクス 競パンとはカットが違う



ビルパン穿き悪くはないよ

特にボディビルをやっている雰囲気じゃ無くて、ちょっとガタイがいいかな、程度の若手に若干数いた。
多分水泳はやっていないだろうと想像。水泳やっていたら、ビルパン穿きしようという結果にならないもんね。

でも大胆な穿き方だからビルパン穿きしている奴に“外れ”はない感じだったかな。
それなりに自分の外見に自信が無いと、できないような穿き方だからね。
勘違いで両サイドを上げているという、上げ方のレベルじゃないから。


競パンとはカットが違うから無理がある

ビルパンと競パンはカットが全然違って、似ているように見えてまったく違うパンツだから、ビルパン穿きするのはかなりムリがある。再現写真を撮るために初ビルパン穿きしてみたけど、クタッた競パンじゃないと、股間とか両サイドがきつい。泳いでいるうちにサイドが下がってきそう。

競パン焼けが鮮明だから、サイドの上げ具合がよくわかると思うよ。


競パン全盛期 ビルパン穿き競パンの穿き方のバリエーション


ビルパン穿きすると、フロントはまだいいけど、バックは無理がある。ケツの下の方がはみ出てしまう。


競パン全盛期 ビルパン穿き 競パンの穿き方のバリエーション バックスタイル


あえてビルパン穿きしようというなら、arenaがいいかもしれないね。バックの布面積が広いし、カットがまだなじむような気がする。試してはいないけど。
ハイドロCDもケツが縦に長いので、よさそうだと撮影用に選んでみた。

バックは外見のハードルが高いね。管理人のケツは小ぶりだし、もともとケツの筋肉が薄いから、似合わない、見栄がしない。
ケツの筋肉が、黒人のように張って盛り上がっていると全然違うような気がする。


競パンの伸縮性が良かった時代の遺産かも

撮影に使った競パンはハイドロCDだけど耐塩素生地だから、いま手に入る競パンの中では伸縮性はいちばんいいようだけど、耐塩素生地じゃなかった頃の競パンはもっとよく伸びたから、ビルパン穿きが無理なくできたかもね。

耐塩素じゃない伸縮性のいい競パンもたくさん持っているのだけど、管理人自身がビルパン穿きを、当時も今もしようと思わないし、とくにケツの形が似合う体型ではないので、省略。


・・・最近いろいろ忙しくプールに行く頻度が下がった。すぐにカラダに現れるね。太ももが細くなってる。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数