kyopan という呼び名を広めたい ランク上位画像を英語表記付きに - 競パン研究
FC2ブログ

記事一覧

kyopan という呼び名を広めたい ランク上位画像を英語表記付きに



カテゴリー:日常 


競パン関係のwebサイトは、歴史が長いし、えっち系がどっさりあるからだろう。画像検索でググっても当サイトの画像が出てくることがない状態が長く続いたけど、意外な画像がでるようになった。

リンク先がブログじゃないけど、youtubeにアップした、高校総体での「最後の競パン」が1ページ目の上位に出てくる。そこで一足飛びに、英語表記つきにしてみた。”kyopan”という呼び名がワールドワイドになる一助になれば良いな、なんて思いで。


高校総体 競パン 最後 湘南工大附属高校



競パンサイトの歴史は長い

かつて存在した「競パンクラブ2」という、競パンに性的な目を注ぐ人向けのサイトは、インターネットが一般人に使われ始めた20年ちょっと前から存在していたのじゃないかな。
(URLはwww.kyopan.com、久々に覗いたら2,495ドルの値がついてFor saleになっている)

ちなみにこのブログのURL、www.kyopan.jpも、長い間使われていないのに誰かが押さえていたらしいのを、手放したか更新し忘れたかのタイミングで、うまく取得したものです。

kyopan.comがクラブ2になっていたということは無印も存在するということで、そっちのほうはもっと古くからあるのかな?「日コンクールガイズ・競パンクラブ」


呼び名が複数あるのが困る

競パン、Vパン、ブーメランなどが代表的だと思うけど、統一されてない。かつては競泳水着=競パンだった時代が長かったことから、使い分けする必要が無かったというのも理由の一つだろう。いまメーカーによって呼び名が違うのも、混乱を示していると思う。

・arena メンズリミック
・asics メンズレギュラー
・speedo ショートブーン
・mizuno Vパンツ

世間では

・競パン ゲイ用語との認識がいまだに強くて性的な空気感が漂ってしまう、語呂は良いけど
・Vパン 見た目通りだけど、語呂が悪い
・ブーメラン 見た目通りだし語呂が良い、マスコミが使うからか水泳に関係ない人も認識する

管理人としては、競パンが競泳水着の短縮形なのだから、一番良いと思っていて、なんとか性的な空気感を消して、一般的にならないかな、なんて思いでいる。


英語表記でも三つ紹介

管理人は英語が苦手なので、どこまで伝わるかわからないけど、なんとか書いておきました。正確性にも、もちろん自信はありません。

YouTubeには自動翻訳があるから、英語圏の人でもだいたいはわかるだろうけど、日本語の説明には呼び方の説明は書いていないし、直訳では意図が伝わりにくいしね。


「競パンを穿いた高校生の、最後のレースです。1チームだけ競パンを穿いて、そのチームが優勝しました。日本ではこういう水着を、競パン、Vパン、ブーメランと呼んでいます。」

This video is an historical last race of Japanese high school students putting the swimming briefs on.Only one team was putting the swimming brief on and they won the race.

In Japan, swimming brief is called "kyopan", "v-pan" or "boomerang".

For more information of Japanese swimming brief, http://kyopan.jp ((The web site is in Japanese only.)


欧米のその手の人の一部に日本人男性は人気なんです

オリンピックでは、羽生・宇野両選手の活躍でわいていますが、欧米のその手の人の一部は、やらしい目でみていることでしょう、きっと。

華奢に見え中性的でシュッとしている日本人というのは、欧米のその手の人の一部に大人気というのが現実なんです。そんなことで、日本の競パンスイマーもきっと注目されていると想像しています。

管理人が社会人になってから、英語の教授を受けた女性英語教師で英語教授法の研究者から、そんな話しを聞いたことがあります。世間話ではなく、「海外で危険な目に遭わないように」という注意の中で、ですよ。






*1 管理人もその女性の英語の先生に言われたことがあります。「あなた、欧米の男が好きな男の人に好まれやすいタイプだから、海外旅行の際は気をつけなさいよ」だって。

*2 リアルしたときに、日本人ではなくアジアのどっかの国の人だったとき。「欧米人とはイヤだけど、アジア人とこういうことをするのはオーケー」と伝えることが普通にできました。「ヤル」とか「こういうこと」をなんて表現すれば良いのか?と英語にエキスパートな人でないとわからないということになりがちでしょうが、*3の通りで、正確に伝えることができてしまいます。

(英語に一家言ある人向け)

*3 その英語の教師は、「単語をたくさん覚えても、どうせ口から出てこないし、出てきても発音が悪くて聞き取れないでしょ」ということで、動詞は、put, take, give, get, come, go, doのようなカバー範囲が広い動詞+前置詞で、初心者のうちは徹底的に表現できるようにするのが近道だと言っていました。

日本人が不得意な前置詞、こういう学び方をすると前置詞アレルギーはなくなる。

だから、*2の「そういうこと」を伝えられるわけです。湘南工大の説明でも、wearを使わずputにしているのは、そんな流れからです。脱ぐという意味ならtake xxx offになるわけです。ふつうの中学校教育の範囲内だと、fromを使ってしまいそうなんですよね、こういうとき。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー、理工系
@Koyama_Minami

スポンサーリンク