コレクション 20 arena 永遠のブーメラン型スクール水着 - 競パン研究
FC2ブログ

記事一覧

コレクション 20 arena 永遠のブーメラン型スクール水着



カテゴリー:競パンコレクション 


arenaのブーメラン型スクール水着、ヤフオクにちょくちょく出てくるからたまたま取り上げただけだったけど、意外に買って穿いて泳いでみたいという声がネットにもあることなどから、三連続企画となりました。いまも型番を変えて、ふつうに安く売られているので、そのあたりもまとめましょう。


素材を変えパッケージを変え生き残り続けている

管理人が初めて買ったブーメランパンツもこのモデルだ。現物を保存していないので、ARN-120かどうかまではわからないけど、購入時期から推定すると、たぶんARN-120だ。窓付きののパッケージで。


arena ブーメラン スクール水着 パッケージ



箱への収納の仕方も、記憶をたよりに再現してみしまた。スポーツショップに並んでいるときには、arenaマークが窓からキレイに見えるように、そして脇幅がわかるようにパッケージされていたものです。

初めて買いに行ったとき、ブラックかネイビーを求める予定が、ライトブルーを見心が揺れ、結局ライトブールーを買いました。ライトブルー、いまはラインナップにありません。


素材はナイロン&ポリウレタン

一等地に大きな店舗を構える大型店舗ではなく、学校に納品しているような小さなショップや、ずらりと並べる余裕がない程度の中型店舗がまだたくさんあった時代。そんなショップで買ったので、パッケージの端の線画で、ブーメラン型であることをよく確認して買ったものです。


arena ブーメラン スクール水着 パッケージの端の表示



「スイムウェア」という文字の上の線画を見てブーメランになっていることを確認するということですね。

最初ライトブールを買ったものの、やっぱり濃色も気になって、後でネイビーも買い足しました。でも次に気になるのは脇幅の広さ、そんなことでその次はspeedoの本格的な競泳用ブーメランパンツへと進んだわけです。当時は男物に透けのことなど気にしていなかったのだろう、そのspeedoは水に濡れてみたら亀がスケスケでびっくりな配色、なんて過去に記事にした。


ナイロンとポリウレタン

理由は全くしらないけど、化学繊維系のスポーツウェアは、かつてはポリエステルではなくナイロンが普通だった。そのため、ARN-120もナイロンとポリウレタンの混紡だ。


arena ブーメランパンツ スクール水着 ARN-120 タグ



何度も書いているけど、ナイロンだからといって何かが良いということはまったくないので、ナイロンにこだわって、強気の価格設定がされていたりする古い時期のブーメランパンツを求める必要はまったくないと思います。

ナイロンとポリエステルを比較した場合、ナイロンは樹脂自体に吸湿性がある点が、強いて言えばポリエステルと違う部分で、乾きにくいという面倒があるかもしれない。それ以外に着る立場では、同じと考えて良いと思います。テロテロ感を含む見栄や穿き心地などは、繊維にどういう加工をするかとか、どういう織り方をするかとかで決まってくるので、両者の素材の、性質の違いではありません。



arena永遠のブーメラン型スクール水着の変遷


80年代?~ ARN-120 (廃番)
~14年頃   ARN-70 (廃番)
14年頃~現在  ARN-180 (現行)

最近のバリエーション
ARN-180N ロゴが色つき
ARN-180K カラー版 (廃番、グリーン、レッド、アクアブルー)

ARN-120は、型番を変えずにパッケージが窓無しもあるようです。

ARN-120からARN-70への変更は、素材がナイロンからポリエステルに変わったと明確にわかるけど、さらにARN-180に変更になったのは、どこが変わったのはまったくわかりません。(管理人も持っていました)

興味がある人は、メーカーに問い合わせれば教えてくれると思います。(おまえが聞けって?)



ARN-120 競パン型スクール水着 arena ナイロン


アマゾンで検索すると良い

大手のネットショップサイトというと、管理人はアマゾン、楽天、Yahoo!ショッピングの順で利用しているけど、アマゾンの検索がAI的で良くできていて、今回のような場合に有効だ。廃番になったARN-70を検索すると、現行のARN-180を案内してくれる。楽天の検索エンジンは、そういう気の利いたことはしてくれないね。

だから未だに検索させると関係の無い品物が大量に出てきてしまうなんてことも起きる。
楽天のサイト作成方法がおしゃれじゃない。検索にひっかけようと長大なファイル名をつけるのがが原則らしい。たとえば、「arena スクール水着 ARN-180 体操着 ブーメラン 競パン Vパン 高校生 水泳部 体育授業・・・・・・.html」なんて、ファイル名の長さの制限いっぱいに関係のありそうなワードを並べるなんて手法で、各サイトが競っている。


評価

思い出として持っているだけだからね、あまり「評価」には馴染まないような。
水着にカネかけたくないけれども、機能は十分で違和感のないブーメランパンツということで、良いのではないでしょうか。

他のブーメラン決定的に違うのは、バックのセンターと股間にロックのステッチがなく、テンションをかけていない点です。そのため、ケツに食い込みません。


フェチ度     ☆☆☆☆☆
お気に入り度  ☆☆☆☆☆

*現在の感覚での判断です。

ARN-70は過去記事で紹介しています。

競パンコレクション 4 arena ARN-70 アクアブルー



コメント

検索して初めて知りましたが

現行arena-180には派生バージョン(ボックスの183、ハーフスパッツの187)もあるとは、arenaの意外な力の入れ具合にちょっと驚き(°°)
これらはやっぱり学校の授業用としての需要がメインで、安定した売り上げを見込めるから・・・ということでしょうかね?
サイズ展開は100cmからあって、ロゴが色つきなのも、それによって学年を表せるように、とのことですし。

>でも次に気になるのは脇幅の広さ、そんなことでその次はspeedoの本格的な競泳用ブーメランパンツへと進んだわけです。

この一文及びリンク先の過去記事で気付いたのですが、管理人さんは水泳部入部当初から脇幅の細いタイプを穿いていたというわけではなかったのですね。
部員であれば最初から穿く“大義名分”(部の雰囲気によってはむしろ強制されたりとかも?(^^;))があるようにも思うのですが、穿くことに抵抗があったのですか?

Re: 検索して初めて知りましたが

> ban さん

スクール用となると数がでるので、独占できればそれなりにおいしいのじゃないですかね。メジャーじゃないスクール用体操服メーカーの品と比較してarenaのブランド力は絶大でしょうから、ぶつかれば勝てる勝負ともいえるとと思います。

ロゴの色つきは苦渋の決断だったのかもしれないと思います。本体色で学年を分けるというのが、水着じゃなくて短パンですが通った高校ではそうでした。いま本体色をいろいろそろえるのが、売れなくなったブーメラン型では採算ベースに乗らないということなのかもしれないと思います。

水泳部は先輩から事前に「競泳用穿いてこい」と言われるわけですが、普通は最初から細いのじゃなくて、脇6cmくらいの、ARN180みたいなのからスタートというケースが多かったですよ。

こんにちは。
中学のときの水泳クラブでこのアリーナのブリーフ型の水着を穿いてました。顧問の先生が選んだ水着で色は学校カラーの緑でした。
大学のサークルで先輩から小さめな本格的な競泳ビキニのお古をもらうまでは、アリーナパンツで泳いでいましたね。
このパンツは布面積はありますが、その分ぺニスの形が思いきり出てしまい、露出度とは違うエロさがありますね。中学の時は友達とエロいパンツだなあとよく話していましたよ。

グリーンのアリーナパンツが安売りしていたので、懐かしくて購入しました。ジムで穿いて泳ぎましたが、大人の体にこのパンツはよりエロさを感じます。小さめの競泳ビキニよりはまっています。

Re: タイトルなし

> そやさん
うらやましいですね。うちの中高もそのarenaが指定だったので、体育の授業でみんなで穿ける(他の奴らは戦々恐々としていましたが)と期待していたところ、流れてしまって。

けっこう伸縮性がいいので、小さめを買うのも良いと思います。自分は最終的にこのarenaは140サイズになりました。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー、理工系
@Koyama_Minami

月別アーカイブ

スポンサーリンク