競パンの長期保管 序章 - 競パン研究
FC2ブログ

記事一覧

競パンの長期保管 序章


カテゴリー:まじめな知識 



かねてから「競パンは生もの」と書いてきたけど、これはプールでレギュラーに穿いている場合。何らかの理由で(コレクターとか?!) 穿かずに保管している場合は、多少のことに気を使えば、そう劣化しないで保管できるというのが経験則だ。


旧speedoの30年もの


手元にある競パンの中で、古いのはこれだと思う。パッケージの様子から1990年頃の商品と思われるので、30年くらいたっていることになる。プールで一度も穿いていないので、まったくの新品だ。


初期アクアスペック-speedo-初期フュージョンカット


この時代のことはよく知らないけど、箱にオリンピックを匂わせるロゴが入っていることから、92年のバルセロナオリンピック、もしかしたら開催地も決まっていない時期かな。

これは生地がアクアスペックで、カットはフュージョンカット。まだ水着の透けがどうのとうるさくなかった頃だからだろう、薄くて、伸縮性抜群。穿いて泳いだら快適だろうし、形もはっきり、くっきりというところか。

ちなみに88年ソウルオリンピックのときは、手元の資料から推測すると、生地は「アクアピオン」だったようで、どこで「アクアスペック」が登場したのか判然としない。

それはとにかく、これは新品のまま置いておけば、長期に保管できるという良い例じゃないかな。


初期アクアスペック-speedo-初期フュージョンカット-箱1



サイズ表記はゴム印であることや、「フュージョンカット」のロゴデザインが、時代を感じさせる。


初期アクアスペック-speedo-初期フュージョンカット-箱2



お値段は4,300円。都内の有名店だと割引販売をするので、だいたい3千円台で買えた。いまよりもずっとお手軽。


プールで使用した競パンの例


プールで何度か穿いたのに、なぜか残っている競パン。なぜ穿かずに残ってしまったのか、わからない。arenaの94年モデル。


競パン-長期保管-arena 25年もの



この頃は、こんな色の競パンを穿くのが少々恥ずかしくて、あまり穿かずにしまい込んだのかもしれないな、なんて思う一枚。記憶にはないけど、現物をみると、それなりに何回か穿いた痕跡はある。水に濡れるとブルーの色調が変わるタイプ。

これも、生地は弾力性を保っているし、ロゴもしっかりしている。

ただしロゴに関しては、これからプールで再度穿いたら、すぐにはがれそうになって、処置が必要になるような気はする。


一番の大敵は高温か

長い間競パンとつきあってきて、保管中の競パンの大敵は高温じゃないかと思っている。40℃に達するような高温にさられていると、すぐに生地のポリウレタンが劣化して、伸縮性を失い、ベトベトになってしまう。

ありがちなのは、目的外使用オンリーな人で親と同居、水泳をやっていないのに競パンは怪しいとして、屋根裏に隠したら、夏の高温で全部ダメになってしまった、なんてことだ。そんな経験をもつ人はいないかな?

管理人の場合は、夏の間も30℃程度までしか上がらない環境下なので、競パンの保管にはよさそう。外出時もエアコンは付けっぱなしにしているから。別に競パンを保管するためではなく、快適性のためだ。そのままの温度設定ではもったいないので、外出時は、つけているエアコン全部、温度を1-2℃あげるなどしている。

エアコンを24時間運転させようという場合には、電気代のことを考えると初期投資はかかるけど、たとえば6畳間用でも20万円台のプライスタグがついているクラスの機種を選んでおくと、ランニングコストは安いです。



コメント

No title

 救いというかなんというか、やはり小さい競パンが全盛の時代があったというのは救いですね。
 もし競パンが復権するきっかけがあるとすれば「原点回帰」みたいな志向でしょうか。

 競パンやハイカットを毛嫌いする理由には毛の処理の問題もあるといわれますが、理由はどうであれ毛の処理をしないことが体臭の原因になるため毛の処理をするべきであるといわれています。

時代ですね

“フロントに少し柄を入れてみました”感が出てる。この時代の箱には“窓”付きで“こういう物が入っています”。購入者へのサービスが旺盛だった。
買わなくてもフタの写真を見て楽しめ?た。

長期保管については不確定要素が多い気がしますよね。高温を避けるには…と考えてみたら、部屋に小型の冷蔵庫(ホテルとかにあるような)を置いて保管するというのはどうでしょうか? 温度も2〜6度だそうで、極端に低い訳でもなくジップロックなどに競パンと乾燥剤を入れたら湿気からも守れる気がします。
どうでしょうかねぇ?

Re: No title

>  xessさん

競パンは練習用にはいいと思うので、原点回帰するといいですね。今のところその流れはありませんが。

Re: 時代ですね

> 競パン好き さん

小さい店舗では、ハンガーに吊して陳列するのではなく、箱入りの状態で並べるということもあったので、窓付きは必然だったと思います。

小型店舗がほとんどなくなっていったのと、窓がなくなったのは関係があるのかもしれないと思っています。

Re: タイトルなし

> リーオスペック さん

小型冷蔵庫に保管は、すでにやっている人がいるかもしれませんよ。
世の中にはもっと入れ込んでいる人が存在しそうですから。

もっこりハンガー

当時の競パンは、とにかくフロント部分がもっこりくっきりしましたよね。
現在の素材は伸縮性もなく、不満です。
あと、箱入り以外にハンガーにかかったものは、レディースと区別するためか、ハンガーにもっこり見せるライン(?)がありましたよね!?

Re: もっこりハンガー

> 梶谷3 さん

かつての競パンは、確かにもっこりがすごかったですね。過去記事にそんな写真も載せています。クロッチを切り取るようなことはしないのですが、今だと露出狂かと誤解されそうなくらいになったりとか。

もっこりハンガー、かすかな記憶があります。性差を出してはいけないような風潮だからか、いつの間にかなくなりましたね。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー、理工系
@Koyama_Minami

スポンサーリンク