クタり気味競パン高値更新 厚くお礼申し上げます - 競パン研究
FC2ブログ

記事一覧

クタり気味競パン高値更新 厚くお礼申し上げます


カテゴリー:日常 


競パンがクタってきたら、寿命が十分残っているうちか、クタクタになってからかのどちらかのタイミングで売りに出すけど、一昨日、1万円を軽く超える価格で買ってくださいました。厚くお礼申し上げます。


mizunoの特注フュージョンカット

出したのはmizunoの、エスポートにオーダーした特注のフュージョンカット、サイズはSSです。
バックには透ける蛍光色を配したので、ケツ上部は透けます。これはいつもいう、無難な部分が透けるのはおしゃれ、という感覚で当時オーダーしたからです


中古競パン-mizuno-フュージョンカット-高値-一万円以上



まだまだ穿けるけど

生地の劣化は、伸縮性がほどよく緩くなっている程度で、ポリウレタンの分解感はありません。
どうして手放す気分になったかというと、脇が3cmくらいしかなく細すぎて穿きづらい風潮を感じることが一番。実用上は何の問題も無い。

ただ、ゴムが固くなり始めているので、クタっていなくても、そろそろ第二の人生を歩ませてくれる方がいればな、そのほうが競パンのためだ、なんて。

* ここのところ、記事を読んでくださる方の指向からして、どうなんでしょう。少々「湿っぽい」はなしの方が良いような気もいたしますし。


緩くなった競パンの良いところ

締め付け感が好き!という指向とはちがう人で、ゆるくなった競パンの良さを知っている人は多いと思う。サイズダウンが容易。これSSだけど、MとかLとかが標準の人でも、無難に穿いて、極小競パンを晒すこともできるでしょう。

お股の部分が押しつぶされなくて、自然な丸みを帯びるのもメリットか。


早速次の競パン購入

売ったら買わなければバランスが取れない。次はarenaを買ったので、機会があればレポします。
珍しく2018年秋冬モデルだったような。



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー、理工系
@Koyama_Minami

スポンサーリンク