記事一覧

競パンフェチも二極分化? 泳ぐフェチとイベント/プレイ専門フェチと


カテゴリー:ゲイシーン 

最近、競パンフェチが二極分化してきているように感じる。AQUXのポロパン風味競パンが予想以上に買われてっているらしい様子を見て。


競パンフェチに一度だけ興味を持たれる程度だったポロパン

競パンフェチは、ポロパンのテカりに一度は魅せられることがあるようだ。
過去記事、“とある競パンフェチの競パンコレクション” で知人競パンフェチが競パンコレクションをずらり並べている写真の中にも、一着だけ写っている。


競パンフェチ-競パンコレクション


管理人の知る範囲では、一度興味を持って買ってみたら、おしまい。
きっと現物を手に入れて自室で穿いてみたら、「もういいや」なんて思うのだろう。結果、それ以上欲しくなる人は少ないみたいだな、なんて見方をしてきたけど、最近は変わってきているみたい。

一着買って次がない人が多かったのは、ポロパンって伸びない、生地は厚い、プールで穿けないなんて、いろいろ具合が悪い点があったからだろうと思う。テカり以外は競パンフェチの嗜好の反対な部分が多いってことで


ポロパン人気が高まっている様子

ここのところ、ポロパンを次々に買う競パンフェチ様子がみられるから、変わってきた。
ただし、mizunoなどスポーツブランドの由緒正しいポロパンじゃなくて、二丁目系ブランドのポロパンね。そーいうのをポロパンと呼んでいいのかという根本的な疑問が生まれてくるのだけど。


競パン ポロパン A-Surf


スイマーな競パンフェチとそれ以外の距離感が離れて行っているのでは?

まさかこんなポロパンをふつうのプールでは穿けないだろう。競パンフェチが大挙して押し寄せる夏の沼プーとかでも、穿いている姿を想像できない。この手の競パンをイメージするのはスポーツじゃなくて、競パンイベントシーンだよ。

競パンイベントでこういうのを穿いて、踊り狂ったりするのだろう。そういう目的にはいいだろうね、目立つから。

結局、リアルスイマーで競パンを穿く人が激減したものだから、競パンイベントにイケている競パンフェチが現れることがほとんどなくなって、ガン見したい、お近づきになりたくなるような人がいなくなり、刺激がなくなってきた結果の現象といえなくないかな?

こういう傾向がますます進むと、競パンフェチ間の断絶だけじゃない。競パンフェチって全員がLGBTだと思うけど、その中でも特殊な人たちとされて、断絶が起きるだろうよ。

競パンフェチじゃない人でゲイ&バイにとっては、競パン自体が萌えの対象じゃなくて、それを穿いているスイマーはたいていイケているとか、カラダをいっそう魅力的に見せられるとかで萌えるわけだから。

この手の、コスチュームと言った方がしっくりくるような競パン風味のパンツを穿いたところで、好き者同士の限られた範囲内のお楽しみだと思うな。


てことで、管理人のように泳ぐ競パンフェチにとっては、芽生えつつある競パン復活の萌芽に期待するしかないようで。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数