記事一覧

競パン、世田谷区民はビルパン穿きがお好き?



カテゴリー:日常 


先週土曜はせっかく競パンの聖地、参宮橋プールでコース貸し切り練習参加の予定が、都合つかず行けなかったし、東京体育館はスポーツイベントのため一般開放休止中。そのため屋内長水路として第2選択の大蔵プールを利用している管理人であります。

日曜日は混みそうだからと思っていたけど、競パン&スイム依存症になっているのか、結局出かけました大蔵へ。意外だったのは、平日昼間は見かけない競パン野郎が、ちらほらいたこと。


世田谷区民はビルパン穿きが好きなのかな


競パン ビルパン穿き 大蔵プールに出没


まさか今リアルにビルパン穿きを見かけるとは、しかも2名も。化石レベルだよ、ビルパン穿きって。とうに絶滅したと思っていたから。

ビルパン穿きというのは、過去記事で管理人が勝手に言ってみた競パンの穿き方で、イメージ画像の真ん中に移っているような、ボディビルダー風の穿き方のこと。スパッツ登場前に、若干みられた。

まさか今の時代にビルパン穿きを目撃するとは思わなかった。
大蔵プールへは日曜の午前から午後をまたぐ時間帯に出かけたけど、目撃した競パン野郎は3人。そのうちのふたりが、ビルパン穿きしているとは。

ひとりは年齢層を確認できなかった。もう一人は、90年代競パン全盛期をギリギリ経験していそうな年齢層に見えたよ。

大蔵プールって駅から遠いから、世田谷の地元民が利用者の大半な印象。
そんなところに立派な屋内長水路があるのだから、利用している人は“ここしか行かない!”みたいな感じで他を知らず、ローカライズされているのかもしれないね。

なので、世田谷区民はビルパン穿きがお好き? なんて思ったわけ。


ハイドロSP穿いた迷惑競パン野郎

自動改札機風ゲートを通過して更衣室に入ると、いきなり向こうからえんじのハイドロSPな競パン野郎が、血相を変えて走り込んできた。何か忘れ物をして、急いでプールから戻ったらしい。

でもね、床をびしょ濡れにして去るのはちょっと。東京体育館の更衣室と同じで、モップが各所に設置されているのだから、拭いておくべきだろ。
ここのプール、更衣室の床は木質系だから、特に水気をよくぬぐってくれないと大迷惑。

大蔵プールは1時間券があるから、1時間240円組な競パン野郎だったのかな、なんて振り返ると思えたよ。シャワーをくぐった後に、キャップ忘れた!とかに気づいて、慌ててしまったとか。

筋肉質なカラダしていて競パンがよく似合っていたけど、筋肉のつきかたがスイマーとは違う感じ。
体脂肪率が数%しかなさそうだったからね。スイマーは皮下脂肪がそれなりに残るから、トップスイマーでも体脂肪率がそれほど低くならいなもんね。。



世田谷区民というと、やたらと気位が高いみたいなステレオタイプな印象が、全国的にあるような気がする。テレビとかが煽っている部分はありそうだけど。でも東京を知っている人からしたら、元々は農村じゃないかよ、みたいな感じ。そんな痕跡が、大蔵プール周辺にもある。

大蔵プールに行くときに必ず通る、高級住宅街のひとつとされている成城、「個々の邸宅は高級かもしれないけど、高級住宅街がもつ独特の空気感は希薄だよな、たとえば目白なんかとくらべると、やっぱ出自は隠せないな」、なんて富裕層でもないのに偉そうなことを、よく思うよ。

高級イメージを売るなら、1時間を超えてしまって240円が480円になってしまうことくらい気にすんな、見栄を張れよ! なんてつぶやかせる出来事でした。その競パン野郎が時間を気にしたとすればね。


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数