記事一覧

これでいちおう最後 競パンSNS BBJ ついに閉鎖か?



今日になってもBBJにはつながらない。
もし本当に突然の閉鎖ということだとすれば、これは競パン界にとって歴史的出来事だ。もう一回同じネタで引っ張ろうと思う。BBJになんて興味ないな、なんて人もいそうだけど。


BBJが閉鎖ということになると、唯一残った競パンSNSの歴史に幕が下ろされるということになる。

90年代後半あたりにポツリポツリと現れ始めた個人の競パンサイトからBBJのようなSNS形式が主流になって、BBJ以外にも、”TeamDolphin@”、”JLSC - MEN'S SWIM GEAR GUARD”や”AQUA BLUE”などにアクティブなメンバーがたくさんいたわけだけど、2010年あたりから徐々に閉鎖や放置が相次ぎ、なんとか残っていたのがBBJだもんね。

それが閉鎖となると、ひとつの時代が終わったという感慨にふけってしまうような出来事なのであります。

予告しておいた、BBJで募集していた競パン飲み会の様子に移りましょう。

競パン飲み会と聞いたら管理人などは、酔いが回ってきたら競パン一丁で飲んでいた男たちが、最後にはくんずほぐれつの大乱交になってしまうような想像をしてしまうけど、現実は違うようで。

管理人が、競パン飲み会に参加したことがある人から直接聞いた話しでは、ガンガン暖房を効かせた部屋で競パン一丁になって飲む、でも競パン姿という以外は最後までふつうの飲み会、乱交はおろかえっちな出来事はまったくナシだったそうです。

そんな様子を聞いて、このとき会った人のように性行動に能動的なタイプは不満を抱くだろうし、それとは真逆な指向のオネエ様的空気を感じさせるようになっていたBBJからは離れていくだろう、なんて思った。

BBJから離れていっても、代わりの手段はたくさんあるのだからね。

そういう人は伝統的な出会い系掲示板に回帰したり、Twitterを駆使したりというように散っていったのじゃないかな。そのような中、GPSを利用した出会い系アプリの登場もまた、エロからは遠ざかったBBJの低迷に拍車をかけたといえるかもしれないね。


競パン 乱交


これはえっちなビデオの一コマじゃなくて、ネットを通じて集まった競パンフェチの様子。もちろん参加人数が3人なんてことはないよ。競パンはこういう“目的外使用”されるスポーツ用品の最右翼なんじゃないかな。

こういうのが頻繁にどこかのホテルなどで開かれているわけだから、Gな世界ですら競パン人気は低下してマイナーな存在になったといっても、根強いファンが存在しているのもまた事実。


ところで、こういうことを日常的にするのがGな人と思うとすれば、それはステレオタイプな見方です。一部のGな人の行動であって、毎週のようにこのようなことができる有料ハッテンバに通う人もいれば、その手の場所とは無縁に暮らしている人まで、Gな人もさまざま。

「Gはみなこんなことをいつもしているんだ!」、なんて見方をしないようお願いしつつ、いったんBBJ閉鎖のネタは打ち切りにしましょう。

・・・一部のGがこういうことをしている事実を写真で紹介してしまうと、刺激が強すぎて、10代のような若いフツーのスイマーに衝撃を与えてしまわないか、ちと心配。

でもまあGoogleさんの検索エンジンは賢いから、意図的な検索をしないと出てこないと信じます。アダルトサイトではありませんのでね、ここは。それに、どんなスポーツにもフェチはいるから。表面化しないだけです。

追伸

BBJ以外のSNS型競パンサイト、末期には純粋に同好のコミュではなく、オリジナル競パンの販売、競パンイベントへの協賛、あるいはアフィリにと、やたらとカネの匂いがするように感じていたのは管理人だけだろうか? 純粋に互助の精神でのカネのやりとりなら問題はないと思うけど。

BBJからは最後までカネの匂いがしなかった。長く続いた一番の要因が、そのあたりだったりして。


8/17 19:30追記 BBJ,復旧しました。杞憂だったみたいで、良かったですね。

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー

訪問者数