独断と偏見 - 競パン研究
FC2ブログ

記事一覧

高飛び込み選手の水着は競パン主流になった

カテゴリー:独断と偏見 高飛び込みの、何かの大会の決勝を観戦に行ったのは4年前?と半年前だ。4年前は、さすがに高飛び込みシーンは競パン穿いた選手でいっぱいと期待してのことだ。ところが、高飛び込みの決勝までボックスが次々と出てきてがっくり。さらに競パンは隅に追いやられているかと心配しつつ訪れた半年前には、ボックスは1割くらいと逆転、多くは競パンを穿いているのでうれしい誤算だったこれで飛ばれてもね飛...

続きを読む

玉井陸斗選手は競パン界の希望の星

カテゴリー:独断と偏見 いまでも競パンを穿いている競技のひとつ、高飛び込み。高飛び込みは競パン必須じゃないけど、国内は競パン化がすすんでいるのをこの目で確認している。その高飛び込み界では、若い玉井陸斗選手が「普通には」希望の星だけど、競パン界としても、いつも細い競パンで飛んでくれるってことで「希望の星」だ。19年辰巳では赤 脇丈4cm仕様2019年に辰巳国際水泳場で開催された室内選手権で、最年少12歳で...

続きを読む

番外編 言いたい放題させてよ」メルカリ女」

カテゴリー:独断と偏見 連休まっただ中だ。こういう日の夕方に増えるのが、管理人が心の中でつぶやく「メルカリ女」。そう、ほとんど毎日ヤマトの営業所に行く手慣れた管理人にとっては、専用端末「ネコピット」を占拠したりしている、迷惑なお方たちだ。メルカリが勃興するまでは、そのような人はいなかった。営業所のドアを開ける前から影が映って察しがつくくらい目立つ。たまには番外編ということで言わせて。メルカリ女...

続きを読む

令和の競パン

カテゴリー:独断と偏見 平成前半には極小競パンが全盛になったけど、令和を迎えた今、(スイマーの)競パンは代わっていくと思う。幸い絶滅は免れて、もしかしたら増えていく可能性も感じる。でもサイズダウンや極端に脇丈が細い競パンはナシ、そういう傾向になるような気がする。ネットの時代を迎えて情報にはいっそう国境がなくなった今、「国際標準な」競パンが、練習用としてショートボックスの一部を食う、という流れだと...

続きを読む

共感を得られないとは思いますが・・・細競パンへの思い

カテゴリー:独断と偏見 共感を得られないと思いますが、いまは細競パンにアンチになってます。ただし勝手なもので、20代前半くらいが(イベントとかではなく)プールで穿いていると、違和感なく受け容れてしまいますが。ファッションは若い人がリードする、正義だ、という思いもあり。今年の行きつけの屋外プールでは、昨年の毎週末に必ず見かけた20代前半くらいのasics競パンくんは見かけないけど、それより年齢が高い(アラサ...

続きを読む

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー、
@Koyama_Minami

アクセス数

スポンサーリンク

直メッセはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: