PBT繊維の競パン、競泳水着はどうなのだろう - 競パン研究
FC2ブログ

記事一覧

PBT繊維の競パン、競泳水着はどうなのだろう



カテゴリー:日常 



海外の競パンを見ていて、生地の素材にPBT(ポリブチレンテレフタレート)が積極的に使われていることに気づいた。ところがいままで8枚も輸入したのに、たまたま外して、一枚も手元にはない。
そこでPBTを狙って輸入して、今後日本でも広まる可能性について、あれこれ考えたいと思った。


伸縮性が良くて長寿命らしい


日本語サイトでの、信頼できる情報源はほとんどない。それならば、実際に買ってみて、自分の目で確かめるしかない。ということで、従来のポリエステルとPBTとの混紡競パンを注文した。


競パン-競泳水着-PBT-繊維



・54% Polyester, 46% Poly Buthylene Theraflate
・Imported
・Sunlight resistant
・Natural stretch
・Low water absorption

PBT繊維は、伸縮性に富むらしい。
低吸水性となっているので、競泳用にふさわしく、織られた生地が厚ぼったくないことを期待しています。



ハイドロCDが長寿命なのは?

ハイドロCDって、伸縮性が良いのに寿命が長い。他の競パンが、どうして固くしないと長寿命にならないんだ?と、ずっと思ってきた。まさか、密かにPBTを早くから使ってきたのでは、というのは管理人のたわごとです。

いまのところPBTの素材自体は生産量は少ないらしいですし。



コメント

PBT?

はじめまして。arenaにこんなデザインがあるのと生地の情報に驚きました。輸入しないと入手出来ないのですね(^。^;)

Re: PBT?

> tomoさん
日本以外では、競技のとき以外は競パンが普通なので、いまも各ブランドがさまざまなデザインで出していますよ。
幾何学模様がいまの流行のようです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー、
@Koyama_Minami

アクセス数

スポンサーリンク

直メッセはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: