令和 競パン整理絶滅かと思いきや活性化の兆し - 競パン研究
FC2ブログ

記事一覧

令和 競パン整理絶滅かと思いきや活性化の兆し



カテゴリー:まじめな話題 



2020年になり、実質的に令和という気分が浸透して商品にも反映されてくる時期だ。売れていないように見える競パン、各ブランドは実質令和最初のモデル(00秋冬モデル)発表の時に、いっそのこと整理してなくしてしまおう、競パンといえるかどうかしらないけど、せいぜいarenaのVタフ程度は残して、という流れになる恐れを抱いていたけど、実際は逆になって、ちょっとびっくり。


本当に絶滅するか

そもそも、みんなが今、練習水着はこれが絶対だと思って穿いているボックス水着が、実は日本ローカルな商品で、海外では競パンを穿いているという現実をみれば、競パン自体は絶滅しないだろう。ただし、脇丈の細さだけでなく、各所のつくりも、いまの日本競パンは違う。こちらは競パンが日本ローカルな商品の風情ときている。

そこらあたりを念頭に、、


死んだフリのmizunoが

ここ2-3年、新作競パンもなく、死に体に見えたし、用途外使用されるのを特に嫌がっているmizunoのこと、このブランドが、令和を機に撤退という心配をしていた。ところがどうして、沈黙を破って00モデルは出しているじゃないの。


mizuno-ストリームフィットA-競パン-Vパンツ-00秋冬



その名も、生地はストリームフィットAだって。デザイン的にはサイドにわずかに黒をあしらっているのが特徴的。

管理人の好みはプリントものに移っているので、買うことはまずないなぁ。そのうち穿いた感想などがネットを通じて聞こえてくるのを楽しみにしております。

Mizunoは、Vタフ対抗と思われる商品も出してきた。紹介は別の機会に譲るとして、令和のスタートはお股Y化の始まりといきたいね。


arenaからはプリントもの

競パンに一番積極的なのは、本家speedoではなくてarenaな感じになってきているよね、スパッツ化以来。

2000年以降もいろいろな競パンをリリースしまくって、不良在庫の山を築いて、さすがにもう遊び心は出せないと、ベーシックなデザインばかりになってきていたけど、久々に派手なリミック。プリントものじゃダメかな、フェチな方々にとっては。


00秋冬競パン-ARN-0043M




世代はさらに進んで

競パンを本格的に穿いたことがあって、そうこうしているうちにあっという間にスパッツ化の波が来て、手のひらを返すように競パンを嫌いだした、今アラフォーくらいの世代から、競パンをおっさんが穿く水着と思い込んだアラサーくらいの世代などを経て、最近は、「飛び込み選手ってどうしてあんな細い水着穿いているのですか」とか質問が出たりして、見る目にバイアスがかかっていないように見える、競パンに対するスイマー関係の、世代間の断絶は興味深い。

とにかく願うのは、Vタフや、留学するような一流選手が持ち帰ってくる競パンを通じて、普通に連勝用に使って便利でかっこいいというように、大勢のスイマーが考えるようになって欲しいな。



コメント

こんにちは。ストリームフィットAってストリートアクセラより脇幅広くなりましたか?

なんとなく広く見えます。

Re: タイトルなし

> 名無しさん

ストリームフィットAの脇丈は、仕様では5mm広くなっていますね。そのレベルなら誤差範囲で、細いのが好きな人はリアル店舗で細く仕上がっている現物を買うのが良いと思います。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー、
@Koyama_Minami

アクセス数

スポンサーリンク

直メッセはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: