競パンをクタせる実験失敗 次の手は - 競パン研究--> index_area<競パン研究>/index_area 競パンをクタせる実験失敗 次の手は | 競パン研究
FC2ブログ

記事一覧

競パンをクタせる実験失敗 次の手は



カテゴリー:日常 


新品の競パン(Vパン)を人工的に旬なクタらせた状態にできるかの実験、始めて一ヶ月がたったが何の変化もないので、失敗ということで終了した。そして次の手をとってみることにした。


NIKEの競パンに加えarena Xパイソン2も加えたが


ハイターを加えた塩素濃度が高い水につけた状態で一ヶ月がたった。乾燥させて様子を観察したけど、まったく変化がみられない。その間も、一週間ごとに同様の観察をした。


Vパン-競パン-クタらせる-ハイター


クタらない原因は

実使用では、塩素濃度が水道水より高いプールの水の中で、激しい体の動きに合わせて伸縮しているはずだ。そうでないと、なかなかクタらないと推測した。

そこで、ヒートポンプ式洗濯乾燥機*で、塩素水で洗う、乾燥機で乾燥させる、ということを何度か繰り返してみてはどうかと考えた。

さらにストレスを加える

洗濯機のドラムの中で伸縮させられている最中、水ではなくお湯を使って、さらにストレスを加えてみる。洗濯機に「温水洗浄」という、ヒートポンプで温水を作って洗う機能があるので、これを使ってみる。


普通の乾燥機では危険

ヒートポンプ式洗濯乾燥機は、内部にうちの機種の場合で6畳間相当のエアコンが内蔵されていて、乾燥した温風を作って衣類を乾燥させる。最高温度は70℃とあるので、頃合いだろう。

普通の洗濯乾燥機だとヒーター式なので、最高温度が110℃くらいになり、競パンが溶けてしまうかもしれない。危険だ。


*実験に使用するヒートポンプ式洗濯乾燥機
東芝 TW-2500VC ちなみにヒートポンプ式洗濯乾燥機の一号機。
興味がある人はこちら→ https://pc.watch.impress.co.jp/docs/2006/0803/kaden006.htm


コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kyopanlab

Author:kyopanlab
競パンフェチな元水泳部員
現役スイマー、
@Koyama_Minami

アクセス数

スポンサーリンク

直メッセはこちら

名前:
メール:
件名:
本文: